日記

無料の写真サービスサイト「プリア(priea)」

プリア(priea)

プリア(priea)

知り合いの両親がいわゆる街の写真屋さんをやっていて、このサービスが出たときに、「親は廃業かなぁ・・・・」と冗談ぽく言っていました。

まぁ、いきなりそんな事はないとは思いますが、どんなサービスなのかを取りあえずその話題をきっかけに試してみました。


Priea(プリア)
http://priea.jp/(2009/4/4更新)

-写真プリントからお届けまで、すべて0円。
 日本ではじめての完全無料プリントサービス-


届いた写真

届いた写真

Flashで作られたUIはまだいまいち直感的ではないかなぁ?という印象がありました。
フォトアルバム的に登録をして、そこから印刷をしたい写真を選ぶって流れはまぁ、妥当と言うか、そうとしか出来ないというか(笑)

あと一番気になっていたのは「どれぐらいの量を印刷してくれるのか?」って部分。
これはどうやら一ヶ月間で60枚って事みたい。


実際の写真

実際の写真

まぁ、妥当なところかなぁ?という感じですね。
ただ、これを広めるユーザーの中のエバンジェリスト(口コミ要員?)に向けてしまうとちょっと少ないかな?と思ったりはしますが。

あと広告の入り方は、一枚の中に小さくロゴが入るタイプと、写真半分広告半分の形が全体印刷枚数の中で割り当てられていて、あまり目立たないからといって、写真の中に小さくロゴタイプだけで発注することは出来ないみたいですね。

ただ、そのどちらの広告タイプにするのか?ってのが圧倒的にUIが使いにくかったです。
一度にプリント依頼が出せるのは30枚なんですが(だから月単位では30枚の印刷依頼を二回するとリミットって事ですね)、全部に連番が振られていて、それをプルダウンからどのタイプにするのか選んでいくって・・・・文字にするとややこしいやり方でした。

ですので、途中で「どっちでもいいや・・・・」となってしまいました。
FlashでRIA的なコンテンツで、ロゴに「βversion」と付け、いかにも「Web2.0」な流れのサービスにするのであったら、むしろそこにこだわって欲しかった気が激しくします。

届いた写真は質はほんとに普通の写真でした。
大きく印刷されていて、ロゴが隅に入っているパターンの方は意外とロゴは目立たないので、こっちで使いたいって人はやっぱり多いだろう。
けど、企業側からしたら、どれぐらいの広告価値があるのかの試算を見てみたいです。

取りあえず今月のリミットは全部先日のセミナーの写真を印刷に回しても使い切ったのでまた来月のお楽しみになってしまいました(笑)


追記2009年4月4日


すっかり放置しちゃっていましたが、こちらで紹介したPrieaはアイディアシンクさんが昨年2008年11月21日でサービスを止めてしまいましたね。

結局何回か実は使ったのですが、さすがにものすごい人数が殺到したと思いますので、広告だけではつらかったのかもしれませんね。

そういう意味ではちょっと前に読みましたが「webは無料」ってのをいろんな形で転換をさせていかないといけないと、せっかくの有益なサービスまでがなくなってしまう流れになっちゃうと悲しいですね。

ここで停止の記事がありましたので、ご紹介しておきます。
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/23965.html

著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / チーフディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したサイト制作のプロデュース、ディレクションを担当。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社ネクストに合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。
2005年に同社が自社媒体に注力するためSips業から撤退する事になり、社長とシェイクハンドをして退社。
2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。
2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
サービシンクでは不動産業界に特化したサイト制作のプロデュース、ディレクションを担当。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事