日記

本体極小のほぼケーブルだけなBluetooth®2.1+EDR対応ステレオヘッドホン(LBT-MPHP04AWH)を買ってみたレビューと残念記

販売をしていたページのキャプチャ

販売をしていたページのキャプチャ

先日からGizmodoで「トクモード」という物販サイトが立ち上がっています。
実際にはLUXA(ルクサ)というところがコンテンツ提供をしている、最近流行のクーポンサイトのようです。

そこで、「Bluetooth®2.1+EDR対応ステレオヘッドホン(LBT-MPHP04AWH)」という商品がアップされていました。

名村、音楽を聴くのは基本iPhoneなのですが、コードが絡むのとかが嫌いで、昔からBluetooth系のヘッドホンとかはいろいろ物色をしています。

ただ、コード型のものは、本体がそこそこ大きくそこの取り回しが結局いろいろ手間になったりで、以前から「コードだけで完結しているヘッドホンが出ないかな?」と思っていただけに、今回のこの商品はかなりそそられました。


LBT-MPHP04AWH

LBT-MPHP04AWH


で、買ってみたのが、これです!

どうです、この完結なフォルム!
コードの部分にコントローラーが付いていて、本体とのペアリングなどの設定はそこで行います。
電池そのものはヘッドホンの片方におそらく内蔵されている模様。

というのは充電をするのが、このスタイルだからです!


LBT-MPHP04AWH充電中

LBT-MPHP04AWH充電中


と、写真でいう左側のヘッドホンが縦になっているんですが、それは充電をするためのプラグに突き刺しているからなんです。

で、これはかなり期待を込めて到着を待ち、早速本体の充電を2時間ほどしてからiPhoneとペアリング。
事務所で使っている分には「おぉ、ぼちぼち音もいいじゃん」と思っていました。

そして、帰宅をしようとiPhoneをポケットにいれ、耳にはLBT-MPHP04AWHをつけたまま事務所を出た訳ですが・・・・・。















全然だめだ・・・・音飛びがすげぇ・・・・。
iPhoneはコートのポケットに入れていたのですが、もう数秒ごとに音飛びします。

音飛びをしているものの2分ほどは何かこなれていないのか?とよくわからない期待をもって我慢をしていたのですが、無理でした。
なんせ聞いている時間の半分ぐらいが音飛びをしているんです。

おそらくBluetoothの出力が足りてないだと思います。

今メインで使っている他のBluetoothヘッドホンは本体が単三電池ぐらいの大きさがあるものなのですが、こちらは同じコートやパンツの後ろのポケットにiPhoneを入れていても音飛びすることは皆無でした。

大きさが大きさなだけに、分からなくはないのですが、期待をしていただけにもの凄い残念でした・・・・。

まぁ、使い方次第では全然普通に使える環境の方もいるとは思いますが、少なくとも名村の使いたい環境では無理っぽかった感じです。

という訳でパッケージはポイしてしまったのですが、説明書から全部あるので、それでもいいから欲しいという奇特な方がいたらお譲りしますので、コメントかTwitterのメンションとかDMでご連絡ください(笑)


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア25年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からはWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年東京のWeb制作会社・ホームページ制作会社、株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事