日記

Parallels Desktop for Mac

これまでありがとうダイナブック

これまでありがとうダイナブック

先日諸事情もあり、長らく、といっても二年半ぐらいだけど、使っていたダイナブックを妹に譲ることになったのと[謎]、Windowsも動くらしい、という事で、MacBookを買ってみました。

CSS Niteのvol.8の時に銀座アップルに行った時に初めて実物を見たんですが、ファーストインプレッションは、

うわ、(思っていたよりずっと)薄っ!


MacBookの白をチョイス

MacBookの白をチョイス

でした。
ただ、持ってみて

「うげ、重たっ!」(笑)

でした。


たたんでも綺麗なMacBook(笑)

たたんでも綺麗なMacBook(笑)

もちろんダイナブックはそれまでワンスピンドルでしたし、1kgちょっとだったと思うので、ほんと軽かったのですが、それがいきなり2.3kgぐらいですからね。

にしても、「中身が詰まっている」感が凄いありました。
そこでKyosukeさんと話しをしていて「買う?」って聞いたら「重いからやだ」って即答(笑)

ただ、ガジェットマニアな俺は「でもかっこいいなぁ〜」とひそかに思っていたんです(笑)

ただ、まぁ、なんとなく必要になり、必要になる理由を作ったり[謎]して結局購入。
とりあえずHDDは100GBにして、メモリは1Gにしておきました。
ってのはWindowsを入れたかったから。


デュアルブート中のWindows

デュアルブート中のWindows

まぁ、そんな事があり、モノは届き、Windowsの共存作業。
チョイスとしてはAppleの「Boot Camp」と「Parallels Desktop for Mac」があるわけですが、デュアルブートが出来るって事で「Parallels Desktop for Mac」の方をチョイス。

んで、使ってみたんですが、これ凄いですね。
基本的には動作速度は全然ストレスがありません。まぁ、ストレスがあるほどの作業をしていないから、とも言えるのですが。

Windows環境でもネット接続もMac側でちゃんと出来ていれば殆ど何もしなくても大丈夫ですし、LANへの接続もサクっと終わり。

微妙にフリーウェアみたいなソフトだと一つインストールできないソフトがありましたが、まぁ、それはそれじゃないと駄目ってソフトでもないので目を瞑り、それ以上にプレゼンとかの時、客先でWindows環境のブラウザでの見せ方とMac環境でもブラウザの見せ方を一台で出来る恩恵が結構あります。

個人的にもデスクの横においてあるので、確認作業が楽ですし。
まぁあとは持っていることへの満足感というかなんというか(笑)

むかーしはマカーだったのですが、最近はMacMiniを買ってやっぱり事務所に持ち込み確認していたぐらいだったので、久しぶりに楽しいおもちゃを手に入れた気分です(笑)

これからもCSS Niteとかで持っていると思いますがそっとしておいてください[謎]


7/31追記
トラックバックをいただいた「音楽と映画とMacな日々」でパッケージの販売について告知がありました!


「Parallels Desktop」がパッケージ販売

「Parallels Desktop」がパッケージ販売

ついに「Parallels Desktop」がパッケージ販売が開始された。
昨日Parallelsからのメールが入っていた。アップルストアを見てみたが、日本では置いていないようだ。米国のアップルストアには置いてあった。
僕はどちらかというとパッケージで欲しい。ダウンロード販売では1年限定で再ダウンロード可能だが、パッケージを持っていればなくさない限り期限なく再インストールできる。

いつ日本のアップルストアに並ぶのだろうか?アマゾンとかでも良いけど。

うむむ・・・・一応ソフトはアーカイブしているけど、パッケージを待った方がよかったかな?(笑)


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事