日記

決めました!2005年9月末で株式会社ネクストの退社を決めました

しばらく落ち着いてブログを書く暇がなかったのですが、ちょっと落ち着いたので書き始めます。

ここをご覧いただいている皆さんにご報告です。

現在在籍している株式会社ネクストを2005年9月いっぱいで退社することを決めました

ネクストには実は前半の3年半は雇用を「アルバイト」としてもらっていました。

それは当時はまだ俳優として養成所に通ったり、その後幾つか声優として仕事をしましたが、そちらの方が本職だったからです。

その後昨年2004年3月いっぱいで俳優業は足を洗い、ネクストで正社員として雇用をしてもらってました。

結局、バイト時代から換算して丸5年在籍したことになります。

20歳の頃から芝居をはじめ、そのちょっと後から個人事業主でWeb屋をはじめました。
当時は猫も杓子も「Webデザイナー」時代でした。
ただやってたことは今でいう「Webディレクター」の仕事がメインでした。

そして大学卒業と同時に上京した1年後、ネクストという会社組織で「Webディレクター」として各種ディレクション業務に携わりました。

この会社ではディレクションから実装屋な所まで全部好きにさせてもらいました。(会社がまだ明確な分業をしないといけない規模ではなかったのでね)

また、クライアントも不動産デベロッパーから、不動産仲介会社、そして地場系の不動産会社さんと数多く関わらせて頂きました。

自社媒体である不動産検索ポータルサイトHOME’Sそのものもサイトもユーザーサイト側からHOME’Sマネージャーという管理機能側まで一通り全部やってきたことは、とても得難い経験をさせてもらったと思ってます。

それを経て、今期の自社におけるポジションは、ディレクター半分、自社のクライアント向けセミナー(HOME’Sカレッジ)の講師業半分というところ。

でも実務レベルのウェイトではセミナー屋の部分がどうにも増えていってました。

「セミナー」をするってのはもう7年前くらいからひっそりとしていたので、それ自体はなんともないんだけど、僕にとってはあくまでそれは手段なんです。

講師で飯を食っていくというのは自分の中ではない選択で、つくづく思う自分の立ち位置はモノ作りの現場

それの方が生みの苦しさとか、就業時間の制限がなくなる(謎)とかって事もあるけど、やっぱりそこで苦しんでいる事自体は本質的には苦しさにはならなかったりする。

その結果としてWebを通して、クライアントに成果を提供できて、その成果を喜んでくれるのは作り手としては何にも勝る喜びに繋がっているわけです。

多分それはこれからもあまり変わらないと思えて、人をマネージメントする立場に仮になったとしても、Webの制作の現場にどこかで繋がっている所でやっていきたいのだと思う。

って事で今のこのネクストにはとても恩はあるのだけれども、ここで一度リセットをすることに決めました。

ちなみに次の行き先やフィールドは、これを書いている現時点では一切決まってません

ということで、どこか雇ってくれる所を探したいと思います。


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事