日記

サービシンク側でWebディレクターにも通じるテーマで毎月一本、代表ブログも書いています。


名村が代表を勤めているWeb制作・ホームページ制作会社の株式会社サービシンクですが、会社のサイト側でもWebディレクターにとって通じるブログを書かせてもらっています。

サービシンクの代表ブログ



こちらの「Webディレクションやってます:blog」を長らく放置していた理由の一つはこのサービシンク側での代表ブログをかなりしっかり書いていたから・・・というのもありました。

このブログと少し被る話題、でもよりビジネスパーソン寄りのブログ

サービシンク側の代表ブログは実は少し固めに書いています。
サービシンクに入社を考えてくれている人や、新卒に話すべき内容といったものをアウトプットしている側面もあるためですし、「経営者としてのブログ」という部分で名村が少し気を張ってることもあるかもしれません。

ですが、会社側のブログと何が違うのか?と言われても、このブログでもTipsとか即物的なノウハウはほとんど書いていなくて、

  • どのようにWebディレクション時に現れる事象と向き合うか
  • どのように考えれば答えを出すに到れるのか?
  • ブランディングとはいかにしてなし得るものなのか?

といった「考え方」みたいなものばかり書いてきたつもりです。

それは名村がCSS Nite、WCAN、Re:Creator's Kansai(リクリ)などの外部で登壇させていただくセミナーですら、ともすると抽象的な「考え方」といったものをお伝えしてきたつもりです。(それ故「分かりづらい」「全部知ってる内容だった」というアンケート結果が多いのもまたしかりなのですが)

という意味では、実はサービシンクの代表ブログ側で書いている内容についても、同じ人が書いているのですから当然ながら根底に流れるものは同じです。

2019年11月分として掲載したブログも、



というような内容でした。

過去1番「Facebookいいね」をいただいた記事はこんな内容でした。


文章自体は長いものだと20,000文字を超えるものもあり、しかもページビューを稼いだり広告を入れることもないのでページ分割もしていないので、ものすごい長いページになっていたりします。

でも、名村のセミナーとかに出てくれたことがある方は、読んでいただけると「あー、名村が書いてそうな内容」ときっと思ってもらえるような内容だと思います。

ここしばらくは会社ブログ側に結構注力していたのですが、会社ブログを書くほど、書きたことはあるけどテーマが異なるものも頭によぎるようになり、最近このブログを再開している次第です。

ということで、ぜひ会社側のブログもお読みください!


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア25年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からはWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年東京のWeb制作会社・ホームページ制作会社、株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事