ラジオ

Webディレクションやってますラジオ#177「サービスで独立する時気をつける?」「Webディレクターを名乗り続ける理由?」「いくつでも学べるのに未経験転職は無理?」


▼目次

2024年1月26日の第177回放送分です!

毎週金曜日放送のWeb系クリエイター向けの仕事力アップのポッドキャスト「Webディレクションやってますラジオ」の177回目(2024年1月26日)の放送。

このポッドキャストの配信プラットフォーム

このポッドキャストは「ラジオ番組」がコンセプト!
毎週金曜日、23時〜24時の配信していますが、ご視聴には次のプラットフォームで「購読登録」をお願いします!
放送の配信をすぐにキャッチして聴くことができます!

ポッドキャスト(Podcast)でお読みしたおハガキのコーナー

このポッドキャスト(Podcast)では、放送でお読みする「おハガキ」(と称するTweet、DM、フォームからのご投稿)を募集しています。

ご自身の「Webディレクターとしての仕事の仕方」や「Webディレクション」またWebデザインやマークアップやシステム開発に関しての疑問・質問がある方は、


からぜひご投稿ください。

Web制作・Webディレクションとは関係ない日常での「こんなことがあったよ」や、今だからいえる「ありがとう」「ごめんなさい」といった話題のおハガキも募集しています!

今週お読みしたおハガキ

今週はいただいていたおハガキからこちらをご紹介させいただきました。

ラジオネーム:コーヒーさん
勉強会に参加させて頂いたのが去年の出来事だったのかとビックリ。
毎週チューニングしているのでもっと長い間お話しを聞いていたような気になります。
来年も色々刺激を頂きます。
こーひー
ラジオネーム:ライオン丸さん
名村さん、こんばんは。

今週はめちゃくちゃ寒かったのですが、雪にやられました…
というのは、今週関ケ原では大雪になり高速道路で立ち往生の車が出たニュースがあったと思いますが、そのエリアに住んでいます。

もうものすごい雪でした
そう、高速の上…
はい、その立ち往生に巻き込まれました。

ネクスコ中日本の方が回ってきてくれて、携帯トイレと水とカロリーメイトとカイロを配ってくれたのですが、まさか名神高速でこんな経験をするとは思っていませんでした。

まだなんとかなった方だと思いますがトンネルの後ろはかなり大変だったみたいです。
なかなか焦りましたが、ガソリンを満タンしていたので、暖房はずっとつけられていたので本当に助かりました。

皆さん、去年までの暖冬で舐めていたら、一気に寒波が来ているので、まじで気をつけてくださいね・・・本当にどうなるかとおもった・・・・
ラジオネーム:マサキさん
エンジニアをしています。
今は制作会社にいますが、いずれ今自分が考えてるサービスを作るために独立しようと思っています。

今現在考えてるサービスは大きな声では言えないのですが、同じようなサービスがないこともリサーチをしていたり、仮に同じようなサービスをが後追いできたとしても、システムの作りやデータベースの複雑さなどを考えれば、かなり安価に提供できるものだと自負しています。
そういったサービスで独立するときに気をつけておいた方が良いことってありますか?
ラジオネーム:toksato(とくさと)さん
こんにちはtoksatoです。
実名を書くのは恥ずかしいのでペンネームにさせてもらいました。
そもそも出演しましたが。

はい、というわけでこのラジオを聴いてる方はご存知と思いますが、喋り過ぎて全4回になったトクサトです。みなさんお元気ですか。ワタシは一生元気です。

このラジオを聴いていて、
「ゲスト出演した人にだって質問する権利はある!!」って最近気づきました。
Webディレクターは毎日、新たな発見の連続です。

さて、質問です。

「名村さんは、なぜ今でも”webディレクター”を名乗るのですか?」

もはやご存じと思いますが、多くの「元Webディレクター」な方々はいずれ名乗らなくなっていきますよね。経営者になったり、プロデューサーと名乗ってみたり。
「Webディレクターって、青春だったの?」っていうぐらいみんな通り過ぎて行きます。
その中において、名村さんはずーーーーーーっとWebディレクターを名乗られてますよね。

なぜなのでしょう?

僕みたいに「ずっと会社員」な奴がWebディレクターを名乗り続けるのは自然な話だと思うんです。
だって、役割としても、その会社の中でのポジションとしても「Webディレクター」なのだから、「はい、ワタシWebディレクターです」と言うのがむしろ普通で。

名村さんは、なぜ・・・?

見た目は大人、頭脳も大人の太っちょディレクターからの質問でした。

ポッドキャスト収録時に思い出せず話が出来なかったのですが、僕が今も「Webディレクター」を名乗っている理由の原体験はおおよそこれです。


僕は自分が尊敬している友人からの「Webディレクターを誇りある職業にして下さい!」という使命を貰っているからこそ、今もWebディレクターという立場にこだわっています。

まだ僕が見える範囲、僕が何かを伝えてお聞き頂ける範囲でまでしかその思いを伝えることが出来ていないので、まだ頑張らなければならいと思っています。

ラジオネーム:宇崎 タカシさん
名村さん、こんばんは。
先週の「40歳で未経験転職は無理ゲーか?」は結構ショックでした。

ただ名村さんは2024/01/25のXのポストで「学ぶというのはいくつになっても出来る」という事を投稿されていました。

学ぶのはいくつでも出来るならば、40歳で未経験の仕事の事を学ぶ、のだって決して無理ではないと思うのですが、違いますでしょうか?

僕は今30歳後半で次の40歳から新しい仕事に転職をして人生に幅を広げたいと思っているのですが、難しい部分を知りたいです。

こちらでご紹介をいただいているXのポストはこちらです。

▲目次に戻る

月末プレゼント

「Webディレクションやってますラジオ」ではその月におハガキをお読みした方を対象に「書籍プレゼント」があります。


  • その月に読まれたおハガキの方が対象
  • おハガキをお送りいただく時、フォームにメールアドレスを入れている方が対象
  • 書籍は「Webの技術系」か「ビジネス書」で、名村の独断で決定
  • 毎月月末に放送で当選者の発表

となっています。

今月のプレゼントと当選者の発表

ファンダメンタルズ×テクニカル マーケティング: Webマーケティングの成果を最大化する83の方法

ファンダメンタルズ×テクニカル マーケティング: Webマーケティングの成果を最大化する83の方法

ファンダメンタルズ×テクニカル マーケティング: Webマーケティングの成果を最大化する83の方法


当選者の発表
  • 2024年1月15日の第175回放送分でお読みした「ラジオネーム:飛んで火にいる冬の虫」さん

おめでとうございます! おハガキをお送りいただいたメールアドレス宛に、ご連絡をさせていただきます!

名村の出演セミナーのご案内

誰がどう見てもそうとしか受け取れない文書術2024版

開催概要
開催日時 2024-03-06(水)20:00 - 23:30
参加費 当日視聴のみ:無料
アーカイブ+資料あり:3,000円(前払い)
参加方法 zoomでのオンラインセミナー形式

誰がどう見てもそうとしか受け取れない文書術2024版

誰がどう見てもそうとしか受け取れない文書術2024版

人生のムダを省くための「文書術」

キーボードを使って文字を打つようになり、人は「文書」を生み出す量が圧倒的に増えました。 少なくともパソコンが一般的になる前に比べ、同じ「一文字」に対する労力は、手書きに比べ圧倒的に下がりました。 ですが、その弊害として「文章を書く」ことは以前に比べ「軽視」されるようになりました。

そしてその「軽視された文書」が広く出回ったことで、次のようなやり取りが増えます。

「ん? これってどういう意味?」 「これって○○ってことだよね? (←実は書き手の意図と異なっている)」 「え? そういうことだったの?」 結果として「連絡文面の書き直し」「(作業自体の)やり直し」といったことが増えることになります。

「相手にできるだけ正しく伝わる文書」を書けることは「社会人」として身につけるべきスキルです。

お申し込みはこちらのDoorkeeperから


ポッドキャスト(Podcast)へのおハガキの募集

ポッドキャスト(Podcast)で取り上げる「おハガキ」(と称するTweet、DM、メッセージ、フォームからのご連絡)を募集しています。

ご自身の「Webディレクターとしての仕事の仕方」や「Webディレクション」またWebデザインやマークアップやシステム開発に関しての疑問・質問がある方は、下記のフォームよりラジオネームをつけて、ご投稿ください!

WebディレクションやWeb制作に関した内容ではなく、日常での「こんな事あった」や今だからいえる「ありがとう」「ごめんなさい」といった話題のおハガキも募集しています!

▲目次に戻る


名村晋治のプロフィール

Webディレクター 名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア28年目のWebディレクター

2010年に不動産業界特化のWeb制作会社「サービシンク」を設立して、今も現場でディレクターとしてPMをしています。

詳しいプロフィール

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からは都内のWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年東京のWeb制作会社・ホームページ制作会社、株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。 もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、また声優としては大きく活躍できる程ではありませんでしたが、NHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

最新の記事

Webディレクター育成講座

900人が受講をし、28年のキャリアを学べる『Webディレクター育成講座』