ラジオ

Webディレクションやってますラジオ#176「ルーティーンは効果がありますか?」「時給も上がらず転職を考えています」「40代未経験でのWeb業界転職は無理ゲー?」


▼目次

2024年1月19日の第176回放送分です!

毎週金曜日放送のWeb系クリエイター向けの仕事力アップのポッドキャスト「Webディレクションやってますラジオ」の176回目(2024年1月19日)の放送。

このポッドキャストの配信プラットフォーム

このポッドキャストは「ラジオ番組」がコンセプト!
毎週金曜日、23時〜24時の配信していますが、ご視聴には次のプラットフォームで「購読登録」をお願いします!
放送の配信をすぐにキャッチして聴くことができます!

ポッドキャスト(Podcast)でお読みしたおハガキのコーナー

このポッドキャスト(Podcast)では、放送でお読みする「おハガキ」(と称するTweet、DM、フォームからのご投稿)を募集しています。

ご自身の「Webディレクターとしての仕事の仕方」や「Webディレクション」またWebデザインやマークアップやシステム開発に関しての疑問・質問がある方は、


からぜひご投稿ください。

Web制作・Webディレクションとは関係ない日常での「こんなことがあったよ」や、今だからいえる「ありがとう」「ごめんなさい」といった話題のおハガキも募集しています!

今週お読みしたおハガキ

今週はいただいていたおハガキからこちらをご紹介させいただきました。

ラジオネーム:水谷 りほさん
名村さん、こんばんは。

年始から今年はとても大きな事件が続き、それに引っ張られてか、気分が滅入っていたのもあり、またコロナもあけたということで、家族で4年ぶりにスキーに行ってきました。

越後湯沢だったのですが、雪が少ないかと思っていたのですが普通に滑ることができて、久しぶりにリラックスができました。

今年は頭が大変だったので、これからはきっと良いことが続くと思っていて、仕事も今年は大きなサイトリニューアルがあるので頑張っていこうと思っています。

またおハガキさせていただきます!
ラジオネーム:澤田 翔平さん
名村さん、こんばんは。

名村さんには働いている上で大事にしているルーティーンとかってありますか?
もしあるとしたら、やっぱりそれを守っている事は自分にとって良い影響を実感しますか?

僕はなかなかルーズな方で、ルーティーンを組んだ方がいいよという話をもらう時があるのですが、なかなか意味とか意義が分からなくて質問させてもらいました。
ラジオネーム:ペレットさん
名村さん、こんばんは。

今25歳で、地方の制作会社でデザインとコーダーのアルバイトをしています。

大学卒業時に何をしたいかはっきりしないまま全部落ちてしまい、Webを作るのは趣味でやっていたのでとりあえずアルバイト募集していた会社にいる、という感じです。

今自分がいる会社は、おそらく地方単価な上に、受注規模も小さいランディングページとかWordPressをちょっと修正したら・・・みたいなものばかりで、結構ちゃんとやってるつもりですが、時給もあげてもらえない感じです。

Xとかで聞いている話だと、都内の金額の5分の1とかじゃないかな・・・と思うぐらいです。ということもあり、何か勉強とかも最近はやる気も起きず、正社員も辞めていく会社で、自分もここで正社員になってもなぁ・・・と思ってしまっています。

副業もしていたりするのですが、制作会社がフルタイムなので、そこからまた別の仕事を・・・といっても疲れててとても稼ぐのは無理みたいな感じ。

これはもう転職しかないでしょうか?
ラジオネーム:トマリ タカオさん
名村さん、こんばんは。
名村さんが先日Twitterで「40代での未経験転職は難しい」という話しをされていました。

40代以降ではどれだけ努力をしたとしても未経験でWebデザイナーやWebエンジニアになるのはやっぱり本当に無理だったりするのでしょうか?

というのが私が斜陽業界に勤めていて、3年ぐらい前から趣味でWebサイトを作っていてこれを仕事にできれば・・・と思っています。
そして、私が今39歳なんです。

名村さんのTwitterのコメント、またコメントにあったリンク先の方のトム・イシカワ様のコメントを拝見してちょっと愕然としていて、今少し詳しい話しをお聞きしたいと思い、こちらにDMさせていただきました。

このおハガキで記載をいただいている僕のツイートはこちらです。

またこのツイートで引用をしている「トム・イシカワ」さんのQuerie.meでの同様の質問をされている方へのご回答はこちらです。


▲目次に戻る

月末プレゼントへの応募お待ちしています


月末書籍プレゼント

「Webディレクションやってますラジオ」ではその月におハガキをお読みした方を対象に「書籍プレゼント」をしています。

  • その月に読まれたおハガキの方が対象
  • おハガキをお送りいただく際、フォームにメールアドレスを入れてくれた方
  • 書籍は「Webの技術系」か「ビジネス書」で、名村の独断で決定
  • 毎月月末に放送で当選者の発表

となっています。

名村の出演セミナーのご案内

誰がどう見てもそうとしか受け取れない文書術2024版

開催概要

誰がどう見てもそうとしか受け取れない文書術2024版

誰がどう見てもそうとしか受け取れない文書術2024版

人生のムダを省くための「文書術」

キーボードを使って文字を打つようになり、人は「文書」を生み出す量が圧倒的に増えました。 少なくともパソコンが一般的になる前に比べ、同じ「一文字」に対する労力は、手書きに比べ圧倒的に下がりました。 ですが、その弊害として「文章を書く」ことは以前に比べ「軽視」されるようになりました。

そしてその「軽視された文書」が広く出回ったことで、次のようなやり取りが増えます。

「ん? これってどういう意味?」 「これって○○ってことだよね? (←実は書き手の意図と異なっている)」 「え? そういうことだったの?」 結果として「連絡文面の書き直し」「(作業自体の)やり直し」といったことが増えることになります。

「相手にできるだけ正しく伝わる文書」を書けることは「社会人」として身につけるべきスキルです。

有料申込みの金額+同額を加算して「令和6年能登半島地震」への募金とします

2024年1月1日に発生した「令和6年能登半島地震」ですが、微力ではありますが、このイベントへの有料申込みの収益と同額の金額を追加して同震災への募金へとさせていただきます。 (なお、追加金額は100万円を上限にさせていただきます。)

被災された方は有料版を無料で受講いただけます

今回何かしらの形で被災された方はお申込み時に、割引コード「noto」を登録いただければ無料で有料版を受講いただけます。 特に被災状況とかのご申告は不要です。遠慮なくご利用いただければと思います。

お申し込みはこちらのDoorkeeperから

ポッドキャスト(Podcast)へのおハガキの募集

ポッドキャスト(Podcast)で取り上げる「おハガキ」(と称するTweet、DM、メッセージ、フォームからのご連絡)を募集しています。

ご自身の「Webディレクターとしての仕事の仕方」や「Webディレクション」またWebデザインやマークアップやシステム開発に関しての疑問・質問がある方は、下記のフォームよりラジオネームをつけて、ご投稿ください!

WebディレクションやWeb制作に関した内容ではなく、日常での「こんな事あった」や今だからいえる「ありがとう」「ごめんなさい」といった話題のおハガキも募集しています!

▲目次に戻る


名村晋治のプロフィール

Webディレクター 名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア28年目のWebディレクター

2010年に不動産業界特化のWeb制作会社「サービシンク」を設立して、今も現場でディレクターとしてPMをしています。

詳しいプロフィール

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からは都内のWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年東京のWeb制作会社・ホームページ制作会社、株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。 もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、また声優としては大きく活躍できる程ではありませんでしたが、NHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

最新の記事

Webディレクター育成講座

900人が受講をし、28年のキャリアを学べる『Webディレクター育成講座』