ラジオ

Webディレクションやってますラジオ#70 「角掛 健志」さんに「Webプロデューサーの仕事とはどういったものか?」について聞いてみた #01

Webディレクションやってますラジオ#70 「角掛 健志」さんに「Webプロデューサーの仕事とはどういったものか?」について聞いてみた #01

2022年1月7日の第70回放送分です!

Webディレクター向けポッドキャスト「Webディレクションやってますラジオ」の70回目(2022年1月7日)の放送。

ぜひこのポッドキャストを購読ください!

このポッドキャストは毎週金曜日の深夜23時半〜25時ごろに配信しています。 不定期ではなく、毎週同じ時間に更新する「ラジオ番組」をコンセプトとしているからこそですが、ぜひ下記のプラットフォームで購読をいただければと思います。

第3回 JAPAN PODCAST AWARDS「リスナーズ・チョイス」への投票のお願い


第3回 JAPAN PODCAST AWARDS「リスナーズ・チョイス」の投票フォーム

第3回 JAPAN PODCAST AWARDS「リスナーズ・チョイス」の投票フォーム

ポッドキャストの祭典として「第3回 JAPAN PODCAST AWARDS」というアワードがあります。 現在応募期間なのですが、この中に「第3回 JAPAN PODCAST AWARDS「リスナーズ・チョイス」」という枠があります。

このポッドキャストをお聞きの皆さまあで、この「Webディレクションやってますラジオに投票してもいいよ」という方がいらっしゃれば、ぜひ一票を投票いただければ嬉しいです。

上記のリンクよりお進みいただき、番組名で「Webディレクションやってますラジオ」と記載いただき、投票いただければと思います。

ポッドキャスト(Podcast)へのおハガキの募集

ポッドキャスト(Podcast)で取り上げる「おハガキ」(と称するTweet、DM、メッセージ、フォームからのご連絡)を募集しています。

ご自身の「Webディレクターとしての仕事の仕方」や「Webディレクション」またWebデザインやマークアップやシステム開発に関しての疑問・質問がある方は、

からどしどしお送りください。

またTwitterでハッシュタグ「#web_direction」を付けた投稿をいただいても、このラジオで採用させていただきますので、そちらの投稿もお待ちしています。

そういった内容ではなく、日常での「こんな事あった」や今だからいえる「ありがとう」「ごめんなさい」といった話題のおハガキも募集しています!

今週のおハガキ

今週はいただいていたおハガキからこちらをご紹介させいただきました。

ラジオネーム:ラッシーさん

名村さん、新年あけましておめでとうございます!
昨年の夏ぐらいからラジオを聞き始め、今では毎週金曜日の深夜にApple Podcastでの更新がくるのを今か今かと楽しみにしています。

2021年分もまだ全部聞けている訳ではないのですが、頭に時事ネタはあるものの、Podcastで名村さんが回答している内容は、どれも「今しか通じない」ではなく、仕事をしている上で気をつけておくべきことが多く、毎回「そうか・・・」とか「そうだよなぁ・・・」と唸っています。

これを書いているのは、1月6日でこの後都内は積雪になる・・・という話しですが、名村さんも風邪などひかないようにお気をつけ下さい。

今年もラジオ、楽しみにしています。

今週のゲストのご紹介

今週のゲスト「角掛 健志」さんのご紹介です。

角掛 健志さん略歴

高校卒業後、ホテルでの接客や中古車の販売など全くの異業種で会社員を 8 年経験した後、もっと自由に自分の力を試すために2003 年 2月に WEB プロデューサーとして独立を決意。

独立の武器は、手持ちのパソコンと、1998 年より始めたホームページの制作の知識、2000 年より始めた SEO。

「やるからには人にないものを!」「最高に楽しく!」をキーワードに、当時「SEO は最高」と言われていた中で、「SEO なんかやって当然でしょ?」「大事なのはクライアントの売り上げ」と本質を追究し、高校時代からのバイク仲間であった住太陽、松下健次郎とともに各分野で活躍するフリーランスを集めた団体 SEO ソリューションズを 2003 年に設立。

2004 年には SEO ソリューションズ有限会社として法人化し取締役副社長に就任。

成果、クライアントの満足、作業品質など、すべてにおいて最上を求め、企画、設計、進行管理やアフターフォローなどプロデューサー兼ディレクターとして力を発揮。

その後、2005 年 11 月の組織変更・社名変更を機にインターネットストラテジーの代表として再度独立。
現在は、今までの経験や知識を基に、ホームページリニューアルサービス INTERNET STRATEGYの代表 兼 プロデューサーだけでなく、執筆活動やセミナーでの講演、経営コンサルティング、企画立案や設計を行う株式会社ウィターの取締役副社長、ECコンサルティングを行う株式会社ウォークスコミュニケーションズの取締役COOを兼務するなど精力的に活動を続けている。
( https://www.internet-strategy.net/tsunokake.html より引用)

角掛さんとは恐らく2004年〜2005年ごろにお会いしていると思うのですが、正確な時期は忘れてしまいましたが、仕事上の役割、仕事の仕方や考え方が全く違う領域なのですが、だからこそ話が合う部分もありとてもリスペクトさせてもらっています。

本人目の前にして言うのは恥ずかしく、口が裂けても言いたくはありませんが(笑)、あまりこういった音声もだし映像などのメディアに出るタイプではないのですが、今回お越しいただけました。

聴き応えたっぷりと思いますので、ぜひお聞きください!

名村の出演セミナーのご案内

ディレクター談義#12「Webディレクターのコミュ力・言語化力を鍛える」

2022年1月22日(土)21時〜から、「ディレクター談義」のvol.12を開催いたします。


隔月で、愛媛の制作会社「アイムービック」の町田(@netacho )さんと隔月で開催しているWebディレクター向けの無料のトークイベントです。

今回は「日本語教育に足りない「コミュニケーションとしての国語」」をテーマに二人で話そうと思っています。 このテーマは前回のvol.11「Webディレクターの仕事って何?を考える」で取り上げたテーマから生まれたものです。 前回のディレクター談義 vol.11はこちらの音声版を町田さんが公開してくていますので、お聞きください。


誰がどう見てもそうとしか受け取れない文書術2022版

2022年2月19日(土)に13時開始と21時開始の二回講演になっています。

人生のムダを省くための「文書術」
キーボードを使って文字を打つようになり、人は「文書」を生み出す量が圧倒的に増えました。
少なくともパソコンが一般的になる前に比べ、同じ「一文字」に対する労力は、手書きに比べ圧倒的に下がりました。
ですが、その弊害として「文章を書く」ことは以前に比べ「軽視」されるようになりました。

そしてその「軽視された文書」が広く出回ったことで、次のようなやり取りが増えます。

「ん? これってどういう意味?」
「これって○○ってことだよね? (←実は書き手の意図と異なっている)」
「え? そういうことだったの?」
結果として「連絡文面の書き直し」「(作業自体の)やり直し」といったことが増えることになります。

「相手にできるだけ正しく伝わる文書」を書けることは「社会人」として身につけるべきスキルです。
お申し込みはこちらから


ポッドキャスト(Podcast)へのおハガキの募集

ポッドキャスト(Podcast)で取り上げる「おハガキ」(と称するTweet、DM、メッセージ、フォームからのご連絡)を募集しています。

ご自身の「Webディレクターとしての仕事の仕方」や「Webディレクション」またWebデザインやマークアップやシステム開発に関しての疑問・質問がある方は、

からどしどしお送りください。

またTwitterでハッシュタグ「#web_direction」を付けた投稿をいただいても、このラジオで採用させていただきますので、そちらの投稿もお待ちしています。

そういった内容ではなく、日常での「こんな事あった」や今だからいえる「ありがとう」「ごめんなさい」といった話題のおハガキも募集しています!

ポッドキャスト(Podcast)ゲストの募集

この番組では放送にお越しいただくゲストの方も大募集しています。

現役のWebディレクター、勉強中のWebディレクター、Webディレクターとお付き合いをするデザイナーやエンジニアの方々で、ご興味があればSkype収録とかでご参加いただければと思っています。

TwitterのDMで名村までご連絡おハガキ投稿のフォーム をお送りください!!

このポッドキャストの作り方

このポッドキャストの作り方は次のブログに全部書きました! 音質をそれほど手間をかけずにできるだけよく収録するためにどんなことを名村がしているか?について参考にしていただければと思います!



著者・名村晋治のプロフィール

Webディレクター 名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア26年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からは都内のWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年東京のWeb制作会社・ホームページ制作会社、株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事