ラジオ

Webディレクションやってますラジオ#80「名村が3年前にVR・ARに気がついた理由」「業務時間が合わない副業・テレワーカーとの働き方」「リスナーの今だから言える話」

Webディレクションやってますラジオ#80「名村が3年前にVR・ARに気がついた理由」「業務時間が合わない副業・テレワーカーとの働き方」「リスナーの今だから言える話」

▼目次

2022年3月18日の第80回放送分です!

毎週金曜日放送のWeb系クリエイター向けの仕事力アップのポッドキャスト「Webディレクションやってますラジオ」の80回目(2022年3月18日)の放送。

このポッドキャストの配信プラットフォーム

このポッドキャストは「ラジオ番組」がコンセプト!
毎週金曜日、23時〜24時の配信していますが、ご視聴には次のプラットフォームで「購読登録」をお願いします!
放送の配信をすぐにキャッチして聴くことができます!

ポッドキャスト(Podcast)でお読みしたおハガキのコーナー

このポッドキャスト(Podcast)では、放送でお読みする「おハガキ」(と称するTweet、DM、フォームからのご投稿)を募集しています。

ご自身の「Webディレクターとしての仕事の仕方」や「Webディレクション」またWebデザインやマークアップやシステム開発に関しての疑問・質問がある方は、


からぜひご投稿ください。

Web制作・Webディレクションとは感けない日常での「こんなことがあったよ」や、今だからいえる「ありがとう」「ごめんなさい」といった話題のおハガキも募集しています!

今週お読みしたおハガキ

今週はいただいていたおハガキからこちらをご紹介させいただきました。

ラジオネーム:田崎望

なむさん、こんばんは。
私はマークアップエンジニアをしていますが、いつも楽しく聞かせていただいています。

さて、そんな私のある懺悔の話を聞いてください。
それは私が6歳のころのことでした。
私はおねしょをしたことに気づき、朝早く起きて、パンツを取り替えまました。
しかし今度おねしょをしたらお母さんから「外で寝ろ!」と言われていたので、オロオロしていました・
パンツは父の下着に包み洗濯機に入れました。
でも、シーツはどうするか迷いました。
あたしは部屋に何か乾かすものはないか・・・と探していると、ストーブが目に入り、私は何を思ったのか、シーツをストーブにバサッっとかけ、外に出て遊んでいると数十分後、一緒にベッドに寝ていた姉の悲鳴が・・・
ストーブに乗せていたシーツが燃え、危うく姉を焼死させるところだったんです。
火はすぐに消し止められ大火事にはならずにすみました。
姉からは「私を殺す気か!」と散々怒られ、その後テレビで火事のニュースが流れる度に「私は死にかけた・・・」と嫌味たっぷりに独り言をいう・・・

こんな話人には言えない・・・
ラジオネーム:起きないリラックマ

なむさん、こんばんは。
ホエホエ体験送ります(笑)
先日散髪に行ったら、隣りにいた人が「泣くほど刈り上げてください」って言ってた・・・
終わったら、なんか「ウド鈴木」さんみたいになってた(笑)
ラジオネーム:分からず屋のディレクター

なむさん、こんばんは。
ところで最近「今週のツイッター」のコーナーがないですが、あのコーナーはなくなったんですか?
短くても名村さんがご自身や他の方のツイートを解説するのは結構すきだったんですけど、もしよかったらまた再開されるのを楽しみにしています!
ラジオネーム:まさあき@ディレクター

名村さん、こんばんは。
最近メタバースが業界的にはかなり騒がれていると思っています。
そんなことでネットの情報を色々みていた時、「スマホの次」でググってたら名村さんが会社のお立場で書かれていたブログがなんと1位になっているの見つけ読ませていただきました。

名村さんはその中で「スマホの次に来るのがVR・AR・MRだと思う」と書かれていて、正に今のメタバースの話をされていると思いました。
読ませていただいて個人的に「これは確かにそうだよなぁ・・・」と思っていたのですが、びっくりしたのがこのブログが書かれたのが、2019年3月6日!!

2019年って今からまるまる3年前ですよね?
その頃、メタバースって言葉もなければ、そこまでVRとかって流行っていましたっけ?!

先見の速さにめちゃくちゃビックリしました。
あのブログを名村さんが書いた時、名村さんはどんな情報を仕入れていたんですか?
むしろそこの方が気になってしまいました。
ぜひ教えて下さい!

こちらでお読みいただいているブログはこちらです。


ぼちぼち長いブログなのですが、もしご興味あれば「何をきっかけにして、名村がVR・AR・MR系がスマホの次にくる」と思ったのかをお読みいただければと思います!

ラジオネーム:あやさと

名村さん、こんばんは!
初めてお送りさせていただきます。
最近モかあさんのTwitterのストーリーを何気なく聞いてから、Webディレクターさんたちが集まって、あれやこれやとお話しされているのを初めて知りこちらにも辿り着きました。

Webディレクター4年目で昨年独立してから、先輩や同じ職種の方々との交流は少なかったのでとても心強い場所を見つけたな!と思っております。

そこで、さっそく質問なのですが。
わたしはいま少人数のチームでお仕事を請け合ってやっています。

専門的な案件や稼働を確保するときは、知り合いの副業さんにお願いしています。
副業さんなので、本業終わったあと(夜)や休日にお仕事されるため、それに合わせて対応してたら、わたし自身の生活リズムが崩れて体調不良になってしまいました。

平日の日中は日中で対応するお客さんが多いので、会社のように営業時間はここまで。というようにもいかず…。
副業さんと一緒にお仕事される機会があるときや、チーム内のメンバーでも時間が合わないときはどのように自身のお仕事の時間を調整されていますか?

平日の日中は日中でしか対応できないお客さんもいるので、完全に副業さんに合わせてシフトすることはできないなぁと、最近の悩みです。

▲目次に戻る

2022年4月1日のゲスト「女屋 貴幸」さん

「デジタルマーケティング・ストラテジスト兼ディレクター兼デザイナー」としてご活躍をされている「女屋 貴幸」さんに起こしいただくことになりました。


女屋さんへ聞いてみたいことや、ぶつけたいデジタルマーケティング領域など含めディレクションなどのおハガキをお待ちしています!

名村の出演セミナーのご案内

ディレクター談義 #13「本質を見極める思考法「クリティカルシンキング」って何?」

Webディレクターの町田さん(@netacho)と一緒に隔月で開催している「WebディレクターによるWebディレクターのための『答えをださない』トークイベント」です。

今回は名村がディレクションにおいて大事にしている「クリティカル・シンキング」について二人で話をしてみたいと思っています。

こちらは無料のイベントですので、次のリンク先の「イベント詳細ページ」よりお申し込みいただければと思います!


Webディレクター育成講座(2022年5月)開催

2000年からはじめ、かれこれ22年目になる「Webディレクター育成講座」を2022年5月8日から開催させていただきます。

全5回、合計35時間で名村がWebディレクターとしてやってきたことを全部お伝えさせていただきます。 まず「土台をきちんと作りたい」と思っている方はご検討ください!


▲目次に戻る

ポッドキャスト(Podcast)へのおハガキの募集

ポッドキャスト(Podcast)で取り上げる「おハガキ」(と称するTweet、DM、メッセージ、フォームからのご連絡)を募集しています。

ご自身の「Webディレクターとしての仕事の仕方」や「Webディレクション」またWebデザインやマークアップやシステム開発に関しての疑問・質問がある方は、


からどしどしお送りください。

またTwitterでハッシュタグ「#web_direction」を付けた投稿をいただいても、このラジオで採用させていただきますので、そちらの投稿もお待ちしています。

そういった内容ではなく、日常での「こんな事あった」や今だからいえる「ありがとう」「ごめんなさい」といった話題のおハガキも募集しています!

▲目次に戻る


著者・名村晋治のプロフィール

Webディレクター 名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア26年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からは都内のWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年東京のWeb制作会社・ホームページ制作会社、株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事