ラジオ

Webディレクションやってますラジオ#79「最近ライブ配信をする方が増えてる理由」「今後のWebディレクターのあり方って?」「デスクワークにとっての仕事着のベストは?」

Webディレクションやってますラジオ#79「最近ライブ配信をする方が増えてる理由」「今後のWebディレクターのあり方って?」「デスクワークにとっての仕事着のベストは?」

▼目次

2022年3月11日の第79回放送分です!

毎週金曜日放送のWeb系クリエイター向けの仕事力アップのポッドキャスト「Webディレクションやってますラジオ」の79回目(2022年3月11日)の放送。

このポッドキャストの配信プラットフォーム

このポッドキャストは「ラジオ番組」がコンセプト!
毎週金曜日、23時〜24時の配信していますが、ご視聴には次のプラットフォームで「購読登録」をお願いします!
放送の配信をすぐにキャッチして聴くことができます!

ポッドキャスト(Podcast)でお読みしたおハガキのコーナー

このポッドキャスト(Podcast)では、放送でお読みする「おハガキ」(と称するTweet、DM、フォームからのご投稿)を募集しています。

ご自身の「Webディレクターとしての仕事の仕方」や「Webディレクション」またWebデザインやマークアップやシステム開発に関しての疑問・質問がある方は、


からぜひご投稿ください。

Web制作・Webディレクションとは感けない日常での「こんなことがあったよ」や、今だからいえる「ありがとう」「ごめんなさい」といった話題のおハガキも募集しています!

今週お読みしたおハガキ

今週はいただいていたおハガキからこちらをご紹介させいただきました。

ラジオネーム:かおる

名村さんこんばんは。
春ですね〜。
最近ドンドン暖かくなってきていますが、名村さんは桜の600度の法則と言うのを知っていますか?
これは2月1日を起点にして、毎日の最高温度を足していって合計600度になると桜が開花する、というものです。

完全にその通り、という訳ではないようなのですが、結構近しい法則のようです。
ちなみに去年は東京は3月14日に600度を超えて、その当日に気象庁が開花発表をしていました!

今年は・・・というと、今日の時点で394度。
そこから考えると、最高気温が15度から18度ぐらいになると予想するなら大体開花は3月18日〜22日ぐらいじゃないかな・・・といわれてるみたいっす。
そして気象庁の東京の開花予想はなんと3月22日。
なんかすごくないですか?

毎日温度を測ってる訳ではないですけど、桜前線も徐々に北上していますね〜
まだ派手にお花見とかが出来る訳ではないですけど、花粉症に気をつけて春を楽しみたいですね。
ではまた!(Webの話じゃなくてごめんなさい)
ラジオネーム:メイコ

名村さん、こんにちは、こんばんは。

最近私の見ている方々の中でTwitterのSpaceやStand.fmでライブ配信をする方が多くなった気がします。
ただそれってClubhouseでもできる・できたことだと思うのですが、1年経ってClubhouseじゃない理由って何かあるんでしょうか?
ラジオネーム:みゆパパ

こんばんは、アラフォーのWEBディレクターです。
制作会社で10年ほどディレクターをやっています。

この前初めて採用面接に関わったら、応募してきた方たちのスキルが高くてショックを受けました。
しかも皆さん経験年数が浅いのです。

新卒から2年で結構階層の深いサイトをフルリニューアルしてたり、ライターさんからディレクターに転向して2年で企画提案からシステム設計までできますとか。

ぼくは会話が得意なことだけを売りに会社とクライアントの橋渡しをしてるばかりで、この方たちがお持ちのスキルに見劣りする…と心の中で泣いておりました。

なんかもう経験年数というか、もともとセンスがいいのだろうなと思いました。WEBを見慣れてて使い慣れてて当たり前に「こういうことができるでしょ」という感覚をもってやられているようで。ぼくがコツコツやったことを一足飛びに身に着けているように思います。

これからの時代のWEBディレクターってどうだと思いますか?
こんな風に短期間で高いスキルを身に着けた方が増えていくのでしょうか。
その時ぼくのようなベテランと言われる人はどうしたらいいのでしょうか。
ラジオネーム:ヨガ・ヨーガ・ヨーガー

突然ですが、デスクワークの仕事着は何がベストだと思いますか?

どんな職種でも、業務の遂行に適した服を着ますよね。
美容師さんはカットしやすく、歯医者さんは治療しやすく、そして営業職なら相手に不快感をあたえないような服を。

Webディレクターはお客様と会う機会が多いので、営業職に近い服装を採用するのが無難そうだなぁと思います。
一方で、デスクワークが多いWeb系のエンジニアや、デザイナーはどんな服がベストでしょう?

私は、ひらめきました。
デスクワークの仕事着は、体操着が最適である、と。

・・・というのも、ここ最近、私のまわりで体をこわすスタッフが続出しているからです。
特にアラフォーの主力スタッフ!
本人の身体も心配ですし、スケジュール的にも大打撃です。
ぎっくり腰や筋膜炎だと「1週間お休みします」といった場合もありえます。

そこで思ったのです。
職業病とも言える「首・型・腰のトラブル」の抑制には、日々の体操が不可欠なのではないか?
・・・そうであれば、体操しやすい服こそが、デスクワークの仕事着にふさわしいのではないか、と。

実際にみんな、体を壊してからヨガを始めたり、整体で教わったストレッチをしているようですし。

また、自宅なら気兼ねなく体操できますが、出社してオフィスで体操するのを考えると工夫が要りそうです。
こんな感じでしょうか。

・思い切り運動しても、おへそが出ないような服の型
・肩をまわしたとき、抵抗が少ないストレッチ素材
・そして、体操着っぽくない見た目であること

ある程度キチッとした見た目で、なおかつ体操もしやすい服があれば最高なのに!と私は思います。

名村さん、リスナーのみなさんはどう思われますか?

▲目次に戻る

名村の出演セミナーのご案内

ディレクター談義 #13「本質を見極める思考法「クリティカルシンキング」って何?」

Webディレクターの町田さん(@netacho)と一緒に隔月で開催している「WebディレクターによるWebディレクターのための『答えをださない』トークイベント」です。

今回は名村がディレクションにおいて大事にしている「クリティカル・シンキング」について二人で話をしてみたいと思っています。

こちらは無料のイベントですので、次のリンク先の「イベント詳細ページ」よりお申し込みいただければと思います!


Webディレクター育成講座(2022年5月)開催

2000年からはじめ、かれこれ22年目になる「Webディレクター育成講座」を2022年5月8日から開催させていただきます。

全5回、合計35時間で名村がWebディレクターとしてやってきたことを全部お伝えさせていただきます。 まず「土台をきちんと作りたい」と思っている方はご検討ください!


▲目次に戻る

ポッドキャスト(Podcast)へのおハガキの募集

ポッドキャスト(Podcast)で取り上げる「おハガキ」(と称するTweet、DM、メッセージ、フォームからのご連絡)を募集しています。

ご自身の「Webディレクターとしての仕事の仕方」や「Webディレクション」またWebデザインやマークアップやシステム開発に関しての疑問・質問がある方は、


からどしどしお送りください。

またTwitterでハッシュタグ「#web_direction」を付けた投稿をいただいても、このラジオで採用させていただきますので、そちらの投稿もお待ちしています。

そういった内容ではなく、日常での「こんな事あった」や今だからいえる「ありがとう」「ごめんなさい」といった話題のおハガキも募集しています!

▲目次に戻る


著者・名村晋治のプロフィール

Webディレクター 名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア26年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からは都内のWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年東京のWeb制作会社・ホームページ制作会社、株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事