セミナー

Webディレクター育成講座2022年5月開始回を開催します


Webディレクター育成講座について

1996年から25年に渡ってWebディレクターとして活動し、現在東京都内の制作会社「サービシンク」の代表をしている名村が、2000年から22年に渡って開催をしている「Webディレクター育成講座」。

Webディレクターとしての研修となると「ガントチャートの引き方」「ワイヤーフレームの作り方」などの個々の作業そのものになりがちです。 ただ、そういったTipsやノウハウをお伝えする講座にしていないのが特徴です。

2000年ごろから一貫しているのは「仕事をどうやって回していくか?」というWebディレクターが「コミュニケーションハブとして機能」するための方法論。

ワイヤーフレームの作成が、パワーポイントやVimeoなどのツールから最近ではAdobe XDと変遷していますが、そういった「ツール」に依存することはお伝えしていません。

Webディレクターとして「何をどう考えるか?」という部分伝えいくものとなっており、5年、10年先まで使うことができる「Webディレクターとしての基礎知識」を集約しています。

▼目次

ディレクターの「学びたい・知りたい」をお伝えします

  • Webディレクターとして体系的に仕事の進め方を学びたい
  • 業務の中で学んだ知識を体系化したい
  • 企業のWebマスターとしてWeb制作会社と適切に仕事を進めたい
  • 今後も生き抜くためのスキルとマインドセットを構築したい

こんな風に考えている方には、ぜひとも受講ください。

この講座で得られるメリット

  • 全部で400ページを超える資料のご提供
  • 開催内容はオンライで開催し、録画動画を1年間再視聴が可能
  • 疑問質問において、有益である場合にはサービシンクで利用しているドキュメントを事例として可能な限りお見せ
  • 講座内容のみならず、案件のクロージングの仕方、見積もりの作り方などの「Webディレクターとして困っている」点には時間の限りお答え

といった特典もありますので、受講後の仕事において必ず元はすぐにとることができる内容となっています。

この講座では直接お教えしていないこと

  • Adobe製品(PhotoshopやXDなど)を始めとしたクリエイティブツールの使い方
  • WBSやガントチャートの作り方
  • ワイヤーフレームの作り方

といったことは直接お教えするカリキュラムにはなっていません。

Webディレクターとして重要なのは、今後も刻々と変わっていくウェブ制作のフローにおいて「適切な手法」を生み出せる能力です。そのための方法をこの講座ではお伝えしていきます。

講座のカリキュラム概要

1.Webディレクター概論

  • ホームページ制作プロジェクトのあるべき姿について
  • ジャーニーマップを元としたユーザーナビゲーション考察

2.Webディレクターの必要性

  • プロモーションとはなにか?
  • Webプロデューサーにとってのプロモーションとは何か
  • Webプロモーションの考え方とマーケティング
  • プロモーションにおける最重要キーワード

3. 問題解決の基本スキーム

  • Webディレクターとしての必要性と心がけ
  • 問題解決のための基本スキーム

4. ワークフロー

  • プロジェクトにおけるワークフロー
  • 各フェーズの構成と各行程の流れ
  • Webディレクターとしてのあるべきワークフロー論

5. Webディレクターにとっての「コスト」の把握力

  • Webディレクターにとってのコスト感
  • 「見えないコスト」の顕在化と見積もり力
  • 顧客満足を得るための「アップセル・クロスセル」の方法

6. プロジェクトの進め方

  • プロジェクトの準備
  • 組織とスタッフィング
  • 誰がどう見てもそうとしか受け取れない文書術
  • 情報共有とプロジェクトルール

7. システム

  • システム開発ワークフロー
  • Webアプリケーションの基本
  • システム開発にけるTips

8. ワークショップ

  • 実際にあった案件を元にして、「企画」「見積もり」「スケジュール」を立案して、プレゼンテーションまでを実施するもの。
  • プレゼンテーションを「通すため」に、「良い企画」以外のどういった視点が必要なのか?をフィードバックさせていただきます。

受講に最適な対象者

  1. スキルアップを考えているWeb制作会社のWebディレクター
  2. 今後Webディレクターとして生きていく力をつけたい方
  3. これからWebディレクターを目指す方
  4. 事業会社のウェブ担当者
  5. 事業会社に所属していてウェブ制作会社に依頼をしている担当者
  6. フリーランスのWebクリエイター

過去の受講生のブログ




過去の受講生のTweet

著者・名村晋治のプロフィール

Webディレクター 名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア26年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からは都内のWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年東京のWeb制作会社・ホームページ制作会社、株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事