セミナー

2005年アクセシビリティを考える「アックゼロヨンセミナー最終回」質問タイムメモ

アックゼロヨンセミナー質問タイム

アックゼロヨンセミナー質問タイム


2005年アクセシビリティを考える「アックゼロヨンセミナー最終回」ですが、当日、一通りセッションが終わって、いつも盛り上がる質問タイムになりました。
質問と回答について上げていきたいと思います。


質問:修正などの作業においてContributeの可否について

これに関しては神森さんより回答がありました。

  • Contributeは利用に関しては運用のマニュアルまでを提示して行かなければならないツールである。
  • 裏の顔である管理モードで編集可能な場所の制御をきちんとして、ページの編集権限を明確にしておかないと、確実にレイアウトは崩れるツールである。
  • 逆に自由に編集出来すぎると言う問題もあるソフトである。
  • Dreamweaverの機能を分かっていて、Contributeの癖(ここまで出来て、これは出来ない・おかしくなる)を分かった制作者側が使う方がいい?
  • そういうことが出来ないのならホームページビルダーの方がよっぽどマシ。
  • 運用マニュアルもcaptivateなどで動画で見せる、などの方法もあるわけだし・・・

といった回答が得られました。
確かにContributeを修正ツールとして納品した事ありますが、ちゃんとその利用に関してのドキュメントまで渡していなかったり、編集領域のコントロールをしていなかったら返って面倒な事になっていたと思います。

その後、微妙に忘れてしまいましたが、こんな質問も。

質問:ヘッダータグ、特にH1について

これに関しては森川さんより回答が。

  • 確かに今でも悩む。ロゴなのか、ページの主題になるテキストに入れるのか。
  • では、H1より前にあるメニューとかはどうするのか?
  • それはこれまでの制作者の中でいろいろな歴史があったもので、これからもきっと悩み続けるのでは?

と。

そこで森川さんから元SEOソリューションズの住さんに強制バトンタッチ(謎)

  • タイトルとH1タグとアンカータグのテキストが同じだとペナルティ対象になってきている・・・・。
  • オフレフトに関しては暫くはペナルティにはなりえない・・・・だろう。
  • 判断基準に明確な理由をもたせることが出来ない。
  • alt属性に関してはリンクの有無に関わらずGoogleは読み始めている。

との事でした。まぁ、あと細かいこともあったのですが、それは録音を聞くことにします(笑)
で、僕も質問をしてみました。

制作の中でマークアップを正確にしていくために、クライアントとドキュメントへの理解の為のすり合わせをどうやって、やっているのか?

これはクライアントによっては「Webサイトとかってよく分からない」って人が担当であったり、そもそも、制作会社に任せていれば勝手に出来る、って思ってる方も確実にまだまだいます。

最初のオリエン位はちゃんと付き合ってくれますが、細かい所は「作るお前らが考えてよ」的なことを言われたりします。
そういわせないのもWebディレクションする人の能力だったりするのだとは思いますが、そこをどうしているかって事で。

  • 結論としては、ありとあらゆる方法を使って説得して、引き出しています(笑)
  • H1タグがどうとかってではなくて、これをタイトルにしましょう、これがですよね!と。

これは個人的にはすごく納得。
もっと説得・・・・していきます。

最後に、参加していたユーザレイヤーの方から

質問というかユーザーの方からとして制作側に依頼が。

  • アクセシブルなサイトといっているところでも、画面そのものを拡大表示してブラウザの文字を大きくしたりすると行間が詰まり重なって「情報の取得」だけですら出来ないサイトが某アクセシブルを謳っているいくつかのサイトであります。
  • それを意識して確認作業のとき、一度そういうユーザーもいるという前提でチェックをしてください。

これは制作者としては意識しておきたいところです。

とこんな感じで最終回が終わりました。
有意義なフォーラム活動であったと思います!


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事