ラジオ

Webディレクションやってますラジオ#68「プロデューサーのゲスト希望!」「言語化して人に伝えるための工夫」「デザイナーになる最短の方法?」

Webディレクションやってますラジオ#68「プロデューサーのゲスト希望!」「言語化して人に伝えるための工夫」「デザイナーになる最短の方法?」

2021年12月17日の第68回放送分です!

Webディレクター向けポッドキャスト「Webディレクションやってますラジオ」の68回目(2021年12月17日)の放送。

ぜひこのポッドキャストを購読ください!

このポッドキャストは毎週金曜日の深夜23時半〜25時ごろに配信しています。 不定期ではなく、毎週同じ時間に更新する「ラジオ番組」をコンセプトとしているからこそですが、ぜひ下記のプラットフォームで購読をいただければと思います。

ポッドキャスト(Podcast)へのおハガキの募集

ポッドキャスト(Podcast)で取り上げる「おハガキ」(と称するTweet、DM、メッセージ、フォームからのご連絡)を募集しています。

普段のご自身のお仕事において「Webディレクターとしての仕事の仕方」や「Webディレクション」に関する疑問・質問がある方は、

からどしどしお送りください。

今週のおハガキ

今週はいただいていたおハガキからこちらをご紹介させいただきました。

ラジオネーム:たまごごろごろ

なむさん、こんばんは!
今日はこの嬉しさを誰かに伝えたくておハガキしました。
苦節28年、やっとやっとやっとやっと、薬の錠剤が飲めるようになりました。やりぃー!!
薬の錠剤って「うえっ」ってなっちゃって粉薬ばっかりのんでたんですけど、やっと飲めました、いぇ〜い!
なむさんは飲めない薬とかってありますか?
あー、生きてるってすばらしい!!
ラジオネーム:めぐみさん

名村さん、こんばんは。
明日は遂にCSS Nite Shift15ですね!
今年も名村さんが司会をされると聞いて、それを楽しみに指折り数えてい待っていました!

え?そんなこと言われた緊張する?
名村さんが緊張なんてそんなのうそうそ〜。
ということで明日の本番をモニターの前でニヤニヤしてお聞きさせていただきます。
ラジオネーム:吉村玲香

先日のある話をだれにいっても信じてもらえないので名村さんに送ります。

私は背がとっても低いです。
はい、25歳ですが、142センチ・・・(ちなみに体重は42キロ)
更にはまぁ、誰が見ても童顔。

そんな私が先日ある雨の日にタクシーに乗ろうと手を上げていました。
するとこともあろうに、タクシーの運転手のオヤジがマドから「チョキ」出して過ぎ去っていきました!!!!

えええええええーーーーーーーーーーーー?!?!?!

こ、これはもしや・・・子供のいたずらと思われたのか!!
あのタクシーのオヤジ、マジ許すまじ!!
結局カサを買って帰るはめになりました・・・
信じて、ホントなの・・・
ラジオネーム:迷えるモカあさん

名村さんこんにちは。いつもラジオ楽しみにしています。前回のディレクター談義を聞いて、ディレクターの仕事は、1→10が基本の仕事だと思うのですが、0→1が好きな私はそろそろプロデューサー業ももっと増やそうかなと思ったのです。

ディレクターとも関係するプロデューサーの仕事を知りたいので、ぜひつのかけさんをゲスト回を実現していただきたいです。お願いしますー!
ラジオネーム:ウツボさん

名村さん、こんばんは。
前回お手紙を読み上げていただいたウツボです。ありがとうございました!

「言葉にできない気持ちの部分の引継ぎができなくてモヤモヤ…」という内容でお便りしたのですが、名村さんのお話を聞いて、モヤモヤするまえに自分は言葉にする努力をしたのか?!と反省いたしました。
名村さんがおっしゃる通り、言語化して人に伝えることこそがディレクターとして磨くべきスキルですね!

プロジェクト憲章と呼べるほどちゃんとしたレベルのものを作ったことがないので、まずはそれを整備することから始めようと思います。
ディレクターだけが分かっていればよい、ではなくメンバー全員がモヤモヤしないで済むような環境を目指します!

またつまずいたり悩みが出てきたらお便りさせてください。

これからもWebディレクションラジオを楽しみにしています!
ラジオネーム:としぼうさん

なむさん、こんちゃー!
Webディレクターとは話が違うのですが、Web制作の質問もしていいからってことでハガキをします。
僕はこれからデザイナーになろうと思っているのですが、デザイナーになるための最短ルートってなんでしょうか?

一応デジハリには通って、一通りデザイン系のソフトは使えるようになったのですが、それって「デザインができる」って言わないですよね?

Webデザイナーとして一端の人間になれるってどうしたらいいのかって思ってハガキさせてもらいました。

アドバイスプリーズ!

CSS Nite Shift15のご紹介

毎年年末に開催している「Shift」シリーズの第15弾として、5つのカテゴリーから2021年のウェブ制作シーンを振り返ります。

内容・登壇者
  • マークアップ/半田 惇志(100)
  • ウェブマーケティング/益子 貴寛(まぼろし)、吉村 正裕(サイバー・アシスト)
  • アクセシビリティ/植木 真(インフォアクシア)、辻 勝利(SmartHR)
  • アドビ/境 祐司
  • Webデザイントレンド/原 一浩(Kansock.Industries)、矢野 りん、坂本 邦夫(フォルトゥナ)
イベント
  • 開催日:2021年12月18日[土] 13:30-19:00
  • 形式:オンライン(Zoomウェビナー)
  • 主催:CSS Nite
  • 参加費(お一人)
  • 10,000円(経費での参加)
  • 6,000円(自腹での参加)

終演時間は若干の延長の可能性があります。

イベントへのお申込み・より詳しい詳細

下記の引用をしているリンク先に詳細が記載しておりますのいで、ご確認をお願いいたします。


CSS Nite Shift15へのおハガキを大募集!

昨年もこのポッドキャストでは「CSS Nite Shift」の当日に出演者にお伺いをする質問や、イベントへの応援のおハガキを受け付けておりました。

今年も募集しておりますので、少し下に書いているポッドキャストへのおハガキ投稿方法からご連絡をいただけえればと思います!

皆さんのご投稿をお待ちしております!

ポッドキャスト(Podcast)へのおハガキの募集

ポッドキャスト(Podcast)で取り上げる「おハガキ」(と称するTweet、DM、メッセージ、フォームからのご連絡)を募集しています。

普段のご自身のお仕事において「Webディレクターとしての仕事の仕方」や「Webディレクション」に関する疑問・質問がある方は、

からどしどしお送りください。 面白い内容についてはポッドキャスト(Podcast)中でとりあげさせていただき、名村なりの回答をさせていただきます。

ポッドキャスト(Podcast)ゲストの募集

この番組では放送にお越しいただくゲストの方も大募集しています。

現役のWebディレクター、勉強中のWebディレクター、Webディレクターとお付き合いをするデザイナーやエンジニアの方々で、ご興味があればSkype収録とかでご参加いただければと思っています。

TwitterのDMで名村までご連絡おハガキ投稿のフォーム をお送りください!!

このポッドキャストの作り方

このポッドキャストの作り方は次のブログに全部書きました! 音質をそれほど手間をかけずにできるだけよく収録するためにどんなことを名村がしているか?について参考にしていただければと思います!



著者・名村晋治のプロフィール

Webディレクター 名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア26年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からは都内のWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年東京のWeb制作会社・ホームページ制作会社、株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事