セミナー

「もっとブログ会議」参加してきました。

もっとブログ会議受付

もっとブログ会議受付

行ってきたのは2005年6月29日のことなんだけど、一応備忘録的に記述を。
「もっとブログ会議」に参加してきました。

というのはmixiのカレンダーで見つけたんですが、内容を見てみると原田君(誰)が司会をするとのこと。

いつもながら彼のバイタリティには敬服する。
そんなイベントだったのも大いになったんだけど、今自社でブログに関してのセミナーを開催しようとしているのでそのネタ収集も含め参加。

参加してる人、若いなぁ・・・

行ってみると学生さんの多いこと多いこと。
最後の会議の時、俺の席なんて、大学院生1人と学生4人。

芝居をやりに上京してきてから歳の感覚がなくなってきていたが知らない間にちゃんと歳はとっていたみたいだ(謎)

中身は、これで一躍有名になったさきっちょさんはぁちゅうさん、このBlogのサーバーでもお世話になっている(謎)ペパボの家入さんとかも出てきているらしい。

会議の中身はmixiの日記で友人と一緒に実況をやったんだが、まぁそれはどこかを探せばあるだろうと思うので割愛。

この会議は無敵会議に準拠しているので、会議がある。

頭をつかうワークショップというなの「会議」の中味

お題はこんなの。

2007年、あなたはブログの新しいプラグイン(追加プログラム)を発明した。
そのプラグインはブロガーが抱えている( )という問題を、いままでブログでは活用されていなかった( )という情報と組み合わせることで解決し、ブログでは従来不可能だった( )を実現することができた。

会議の時のメモ

会議の時のメモ

僕が「個人戦」で考えたのはこんなの。

結局blogを一番見やすいってのが携帯を持っていて時間がある学生。
でも面白いってBlogのアドレスも探し方も分からないし、携帯でサーチエンジンなんても使わんだろう。

って事で、

お財布携帯と自販機を組み合わせて、自販機に付いた画面にblogのsubjectがリストで表示される。
その横についたボタンを押して携帯を自販機にくっつければ自動的にそのBlogのアドレスに接続が始まる。

っちゅーもん。

なんか課金を10円とかにして、ここからの閲覧に対して、書いたユーザーへ返金のアフリエイトがあれば結構いけるかも?なんて思ったり。

その後、席の近くの人で寄り集まり「団体戦」
「団体戦」では僕の案と、同じチームの方の電車使う事を合わせたようなネタで、なんと表彰に選ばれる事になりました。
無敵会議かアカデメディアで前に出るのもささやかな夢だが、ここで出られたのは結構うれしかったかも。

って事でやっぱり強制的に何かアイディアを出す、というこの形式のセミナーというかイベントは頭の体操にはもってこいですな。


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア25年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からはWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事