日記

身体を大事にする

この間立てた今年の目標の一つはダイエット。
転職してからというもの、猛烈に忙しい。忙しいけどヤル気だけはガンガン沸いてくる。
ただ、ちょっと我に変えると、こんな生活をしていて、いつか破綻が来ない方がおかしい。

20代の頃、みんなで借りてた事務所に仕事があってもなくても2時、3時まで居た頃があった。
以前大変お世話になった某制作会社のI田さんは、数年前でもそんな生活をされいたらしい。

ただ、やる事がなくて、ならまだしも、頭も身体もフル回転させている中では続かなくなる。
少なくとも俺は続かない、と思う・・・(笑)

ならば、続く身体にしてやればいい!

・風邪を引かない
・ゆっくり湯船に入る風呂の時間をとる
・ダイエットをして、身体が動く状態にしておく

って事でまず現状把握が大事という事で、体重&体脂肪計を買った。
思ってたより3〜4キロ軽かった。目標は遠いけど、当初よりは楽だったので助かった(もっとあると思ってた・笑)
貯金を食いつぶさないように、毎月の目標を消化していかねば。

あと、ゆっくり湯船に浸かる時間を取る事だけど、これ大事。すごく大事と実感。

ってのはもともと風呂はカラスの行水。
夜には入らず、朝にシャワーのが多い。

でも、通勤時間が短くなりすぎてしまい、下手したら自転車で通勤しているので、通勤時間に本を読むことが出来なくなってしまった。なので、どこかで読書の時間を取りたいんだけど、机では読む気になれない(パソコンを触ってしまう)し、ベッドだと寝落ちする(笑)

なので、風呂がいいんだけど、無音の空間が嫌いで長く風呂に浸かっていられなかった。
という事で、風呂に実は危険なんだけど、パソコンを持ち込んでDIVのビデオを流しながら読書。

音楽よりストーリーのあるものの方がなんとなく心地よいのと、時々ビデオ自体も見ているので。
これで、一時間は入っていられるようになった。
ゆっくり入ってみると、細胞が水を吸っているのがわかるようになってきた(笑)

その分しっかり汗をかいているのも、気分的にもかなりすっきり出来る。
空調が良くなって、汗をたっぷりかく事が少なくなったけど、たまにはしっかり汗だくになるのは、身体の毒素が落としてくれるよう。

昔は普通だったんだけど、やっぱりこれは大事、大事。

って事でまだまだ前に進んでいくぞー。


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事