日記

Line Riderにはまる

Line Rider

Line Rider

今更感がかなりあるのですが、Line Riderにはまっていたりします。

これを考えた人は物凄い頭がいいなぁ、と思います。
ある意味このコンテンツの存在そのものがCGMです。

昔のファミコンに代表されるようなゲーム類は、「絵はしょぼいし、絵もしょぼいでも・・・・」の「でも」以下の部分が猛烈に優れていた。

多くは「想像力とそこから生まれた絵からさらに次の創造力を喚起してくれる」ゲームが多かった。
だからこそ、それこそCGM的に、ゲームの制作者の意図を超えた遊び方が生まれたゲームも多数あった。


初代マリオブラザーズの2プレイゲームは本来、協力してクリアしていくという趣旨だったと思うが、そこから決闘をする、といったやり方が生まれたのはその例だろう

その意味では、このLine Riderは絶妙なバランスの上に立っている感じがする。
ほんのちょっとの線の引き方次第でかなり悲しい結果になる(笑)

しかし試行錯誤の上に出来たコースをYouTubeにビデオ化した作品をアップすることが可能な点など、今のCGMを考える上で参考になるところがすごくある作品だ。

CGMが上手く行くかいかないかのキードライバーとなっていくのは、どうあってもバイラルマーケティングだ。
そして、それはそのコンテンツを見て触って体験をしてくれた人が、誰か一人以上の人に伝える流れがどれだけ続くかによっている。(だからこそ04年10月を皮切りにmixiとGreeには大きな差が生まれたのだから。)

そんな時、それ自体の持っているインターフェースと言うのは大きな要因となってくる。
つまり、先のファミコンの例ではないが、誰もそのコンテンツにすぐにアクセスが出来ることが何より重要だ。

YouTubeを始めて見た時に、少なくとも名村は「YouTubeって面白いサービスがあってね・・・」と人に教えてもらったわけではない。
「こんな面白い動画があるんだけど」という流れで教えてもらった。

その時、もしYouTubeが動画ファイルをダウンロードして特別のプラグインやコーデックが必要なのであったら今の展開はもちろんなかっただろう。
(動画ゆえの著作権の問題はあるが)今の形で閲覧が出来る、ということが多くの人に広まった理由なのだ。


とすれば、CGMコンテンツを考える時、いくつかのポイントが見えてくるのだが、そのきっかけをこのLine Riderは明確に教えてくれるコンテンツと言えると思います。

コースは・・・・・もちっといいのが出来たら、アップしてみますー!(笑)


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事