日記

デジタル一眼「D90(ニコン)」に手を出してよかったと思える点!

世界初となるハイビジョン動画撮影機能を備えたデジタル一眼レフ!という鳴り物入りで登場したニコンのD90を先日購入してしまいました。

学生時代には銀塩カメラにどっぷりの手前ぐらい(謎)はまっていたのですが、最近は出来るだけ一眼レフには手を出さないようにしていたんですよ。

ってのは、買い出すと、パーツが!とか、レンズが!とかってなって、そうなると防湿庫が・・・ってどんどんお金が飛んでいきそうな気がしていたから(笑)


でもついに禁を破って手を出してしまいました。
もうコンデジ以外は全くワケワカな状態になっていたので、おかださんに色々とアドバイスをしていただいて、ボディはD90、レンズは同時発売のものではなくて、


Tamronのレンズ

Tamronのレンズ

Tamron SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical

にしてみました。

ここら辺は詳しいことはよく分かっていません(笑)
で、19日には手元に届いたのですが、20日〜21日まで諸事情で北海道に行くことになっていたので、持って行ってきました。

まずは開封の様子から(笑)


箱を開けてみた

箱を開けてみた

D90のボディの箱!

D90のボディの箱!

Tamronのレンズの箱

Tamronのレンズの箱

レンズカバーです

レンズカバーです

カバン

カバン

レンズとボディをセットしてみた

レンズとボディをセットしてみた


久しぶりに一眼レフのカメラをまじまじと持ってみましたが、やっぱりこういう機械モノは、男は好きなんでしょうか?
勝手にテンションが上がります(笑)


とりあえず用意しておいた16GBのHCSDをさして、早速部屋に合ったモノをバシャバシャ撮影してみました。


携帯電話を取ってみた。

携帯電話を取ってみた。


これは今使っている携帯ですね。(Flickrの原寸はこちら)


晩ご飯の春巻き(笑)

晩ご飯の春巻き(笑)


これは当日の晩ご飯だった春巻き(笑)(Flickrの原寸はこちら)
コンパクトデジカメよりは接写が出来る分、綺麗に写っている感じがします。

ここら辺は、おかださんのチョイスしてくれたレンズの最短撮影距離によるものだと思います〜!


小虎

小虎


小虎

小虎


これはうちの飼い猫の小虎(さとら)の写真です。
一枚目は室内で内蔵のフラッシュを炊かない設定で撮った写真です。
(一枚目のFlickrの原寸はこちら)
(二枚目のFlickrの原寸はこちら)

もう一枚はフラッシュを炊いていますが、フラッシュの前に紙をおいて、バウンズさせてみました。

おぉ、結構かわいい風に写っているではないですか!(笑)


琉球ガラス

琉球ガラス


これは春に行った石垣島で買った琉球ガラスのコップ。(Flickrの原寸はこちら)

Flickrにアップした、D90でのテスト写真

コンデジと比べるのはあまりにもアレですが、やっぱりD90を買ってよかったな〜と思えるのは、レンズのぞいて、好きなアングルを切り取る事が出来るっていう感覚はいいものですね。

動画については、軽く試し撮りをしてみましたが、個人的には無茶苦茶綺麗ですね。(メディアの容量を問わず、最大撮影時間が5分なので、どういう時に使うか問題ですけど)

個人的にはカメラマンを目指している訳でも、カメラに詳しい訳でも、カメラ機体の粗探しをするつもりも毛頭ないので、満足度はもの凄く高いです。

実際北海道に行ってバシャバシャ撮ってきたのですが、電池の持ちもいいですし、さっきも書いた好きなアングルを切り取れる感覚は、ハマッてしまうものですね!

これからFlickrには撮った写真をバカバカアップしていきたいと思います〜!


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア25年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からはWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事