日記

negau.orgこども支援プロジェクトのご紹介

先日このブログでもご紹介をした阿部さん(@1pacfiresoul)率いる株式会社ワンパク(@1PACINC)が始めた「negau.org」プロジェクトの次の展開のご紹介です。

今回の未曾有の震災で多くの方々が未だ被災地で大変な状況にあります。
その中でもnegau.orgでは、「こども支援プロジェクト」という形でhttp://gift.negau.org/のサイトを通して、子供達への支援活動を行う事となったそうです。


negau.orgこども支援プロジェクト

negau.orgこども支援プロジェクト


negau.orgこども支援プロジェクトについて


このたびnegau.orgプロジェクトの次の展開として被災地のこども達へ向けての支援活動を行うこととなりました。まずは皆さまからの物資を募り、それを「笑顔袋」としてパッケージングし被災地のこども達に届けていきます。

私たちはこれまで、無事をねがう。助けをねがう。避難場所の提供をねがう。物資の到着をねがう。復興をねがう。「みんなの“ねがう”を叶え、一人でも多くの笑顔を。」をテーマに、Twitter上にある被災地の情報を市町区村ごとに携帯電話やスマートフォンなどでも確認できるサイト(http://negau.org)を立ち上げ、現地の賛同者の方々と連携し、精度の高い情報提供を目指し、被災者の方々やそのご家族、ご友人の皆さまを後方から支援する活動を展開してきました。

ここからは、これまでの活動に加え“日本の未来を担うこども達の笑顔をねがい”そしてこども達の笑顔を増やす活動を行っていきます。また、デザインやクリエイティブを生業とするものとして、仲間と共に協力し、「未来のまち」をイメージしたオリジナルの塗り絵などの制作も行っていく予定です。
皆様のご協力、ご支援をよろしくお願いいたします。

negau.orgプロジェクト代表 阿部淳也(1PAC. INC.)

(2011年3月30日10:00時点抜粋)

具体的にこのプロジェクトで行う事は、子供達への物資の提供を行うものと位置づけています。

詳細は実際のサイト「http://gift.negau.org/」をご覧いただくとして、「文房具」「お菓子」「本・絵本」「おもちゃ」といった子供達の笑顔を取り戻す為の物資を募り、それを「笑顔袋」としてパッケージにして被災地のこども立ちに届けること目指します。

受け付けているのは、新品・未使用品に限ってはいますが、一方で物資そのものは一点より受付をしてくれています。


受付期間


郵送の場合は2011年3月25日(金)〜2011年4月15日(金)必着
お持ち頂く場合は、平日の10時〜19時まで受け付けております。

情報の引用による変更等があるとマズイので、詳細はやはり「http://gift.negau.org/」の本サイト側にて確認をいただきたいと思います。


上記の期日に間に合いそうで、事務所、自宅などでペン一本、買ったけど未開封になっているトランプとかUNOといったおもちゃ、パチンコで取ってきたお菓子(笑)などがある方で、それを被災地の子供達の笑顔の助けにご提供を頂ける方は、是非このプロジェクトに賛同いただければと思っています。


この「negau.org」のプロジェクトに関しては、初期の立ち上げ企画でもあった「被災情報を伝える為のモバイル閲覧可能サイトのhttp://negau.org」含め、今後も可能な限りご紹介をしていこうと思っています。

もちろん紹介だけではなく、名村としても、株式会社サービシンクとしても賛同をし、可能な限りの手伝いをしていこうと思っています。


東北地方太平洋沖地震コンテンツ



著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事