Webカラーセミナー「実例から学ぶWebサイトの色彩設計」に参加してきました。

5月28日、東京の新宿NSビルにて開催されたWebカラーセミナー「実例から学ぶWebサイトの色彩設計」に参加してきました。

講師は、フォルトゥナの坂本 邦夫さん(@Kunio_Sakamoto)です。

Facebookで告知があって速攻申し込んだのですが、当日は都内で大型のセミナーが知ってる限り他に2件あったのですが、こちらも大盛況でした。

セミナーアジェンダ

  • 配色ではなく色彩設計をしよう
  • サイト運用のための色彩設計
  • 実例10サイトから学ぶ色彩設計

セミナーを通して印象に残っているのは、冒頭にあった色彩設計の「3つの要素」について。

色彩設計の3つの要素

機能的な色彩
視覚的な訴求力
色彩戦略

今までこういったことをロジカルに考えきれずにいたので、こういった考え方があったことが分かり、目から鱗。

  • 文字・図版の読みやすさ
  • リンクの分かりやすさ
  • 視線の誘導
  • 区別のしやすさ
  • 配色の調和、美しさ
  • 印象の残りやすさ
  • 心理的な効果
  • 業種・商品・人物に合った色
  • ユーザーの好む色
  • 競合サイトとの色の関係

と言ったことは、それぞれを何となくは考えているのですが、全部を抜けもれなく考えられていて、それをサイトのデザインをアウトプットするまで踏襲出来ているか?と言われるとやっぱり出来ていないことが多い。

そういう意味では、サイト構築の要件定義から設計までの間で「やるべきリスト」のアップデートが出来たよう思います。

アクセシビリティへの対応

またビジュアルデザインにおいては、折りに付け「足かせ」のような扱いを受けることもあるアクセシビリティへの対応。

しかし坂本さんのお話の中には、Web-Jisへの対応の話もしっかりあり、色彩設計の観点からも決してWeb-Jis対応が難しいといった訳ではない。
むしろWeb-Jisなどで定義されているコントラスト比などの数字データも利用して、本来の「ファインダビリティ」を満たしましょう、といった話は「感覚」や「感性」だけではない説得力がありました。

モノクロで確認?

また、「モノクロでデザイン確認していますか?」という話もありました。
これは全く考えたことがありませんでした。

でも、坂本さんが仰ったとおり、自分自身も、

  • イベントなどの開催状況の情報の印刷
  • 打ち合わせ資料で自分自身の分の印刷
  • 地図の印刷

などは確かにカラーで出さず白黒で出すことがほとんどです。

そういった時に今まで「白黒にしたら見えなくなった!」って経験は流石にないのですが、それでも「より見やすい」ってのは制作側としては考えておくべきなのかもしれません。

これは今後は気をつけて実施していきたいと強く思いました。

坂本さん、今回は本当にありがとうございました!


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事