ラジオ

Webディレクションやってますラジオ#64「サイトの終わらせ方について」「自分の業務範囲、キャパの見極め方」「ディレクター育成講座終わりました」

Webディレクションやってますラジオ#64「サイトの終わらせ方について」「自分の業務範囲、キャパの見極め方」「ディレクター育成講座終わりました」

2021年11月19日の第64回放送分です!

Webディレクター向けポッドキャスト「Webディレクションやってますラジオ」の64回目(2021年11月19日)の放送。

ぜひこのポッドキャストを購読ください!

このポッドキャストは毎週金曜日の深夜23時半〜25時ごろに配信しています。 不定期ではなく、毎週同じ時間に更新する「ラジオ番組」をコンセプトとしているからこそですが、ぜひ下記のプラットフォームで購読をいただければと思います。

ポッドキャスト(Podcast)へのおハガキの募集

ポッドキャスト(Podcast)で取り上げる「おハガキ」(と称するTweet、DM、メッセージ、フォームからのご連絡)を募集しています。

普段のご自身のお仕事において「Webディレクターとしての仕事の仕方」や「Webディレクション」に関する疑問・質問がある方は、

からどしどしお送りください。

今週のおハガキ

今週はいただいていたおハガキからこちらをご紹介させいただきました。

ラジオネーム: ぶらふれ(@brightflavor)

こんにちは。ご無沙汰してます。
ふと質問してみたいことがでてきたのですが、長くなるのでフォームでお送りします。

名村さんはサイトの公開を「終える」ときの対応はどのようにされてますでしょうか?

実は今年、近所のとある老舗が廃業され、先日、大きな工場が跡形もなく壊されました。
歴史を感じさせる白壁づくりの工場が壊される様は、時代の流れを寂しく感じたと同時に、解体業者が重機を自在に動かしつつ丁寧に壊し、テキパキとトラックで産廃物が運ばれたりする様をみて、プロはすごいなぁと思わず見とれてしまうこともありました。

そこでふと思ったのがサイトを公開を終える時の対応です。
始まりがあるなら終わりもあります。制作するという「始まる」方向の情報はたくさん出回ってますが、逆の「終わる」方向の情報はあまりありません。

思いつくものといえば、公開終了の周知、公開していたデータの保存、ドメイン・サーバー管理ですが、他にもディレクターとして気をつけていることや対応していることがあれば聞いてみたいなと質問させていただきました。

長くなりましたが、お答えいただけるとありがたいです。
ラジオネーム:M

未経験から会社に入ってもうすぐ5ヶ月です。
自分の業務範囲、キャパがわからず、すべてできますと言ってますが…最近回ってない気がして助けを求めるべきか、これは大きな修行だと思って自分で頑張る範囲なのかの線引きがわかりません。

どうゆう風に仕事範囲を決めていけばいいのでしょうか…?

Toggl Trackについて

ラジオネーム:Mさんからのおハガキのご回答をしていた時に「Toggl  Timer」ってのを紹介しましたが、正確には「Toggl Track」でしたね。

こちらですが、下記のツールになっていますので、ぜひご覧になっていただければと思います!


ディレクター談義 #11

東京 (株)サービシンクの名村さん( @yakumo )と、愛媛 (株)アイムービックの町田( @netacho )が隔月で実施しているWebディレクターのオンライン雑談イベント「ディレクター談義」。 11回目はいまさら「Webディレクターの仕事って何?」を考えるをテーマに、ふわっとした話をどうやって具体的にするか?といったことを考えてみようと思います。

というイベントですが、今回は原点回帰として「『Webディレクターの仕事って何?』を考える」と銘打ったトークイベントを開催させていただきます。

  • 開催日:2021/11/27(土) 21:00 〜 22:30(終了後「アフタートーク」あり)
  • 参加費:無料
  • 開催形式:オンライン(Zoomでの開催)
  • 参加人数:上限はなし

下記のCOMPASSからお申し込みいただけるようになっています。


11回目となってきましたが、毎回「特に大きな結論を出すわけではない」ことをテーマに、町田さんと二人でトークを進めていく、というスタイルです。

深夜の小予算、少人数トークバラエティ番組といったノリで続けておりますが、「ディレクターとしてディレクターだけで話をする」というイベントをあんまりないものと思っていて、続けられる限り続けていく…というスタンスで行っているイベントです。

無料イベントでもあり、ぜひご参加をいただき「Twitterハッシュタグ」「Zoomでのコメント」で投稿いただいたご意見も広いながら進め、参加いただいている皆様と考えていく、といったことができればいいなと思っています。

CSS Nite Shift15のご紹介

CSS Nite の年末イベント「Shift」の2020年版「Shift14」で司会をさせていただきました。 主催の鷹野さんから「『Webディレクションやってますラジオ』のノリでいいよ」的なお誘いをいただき、お受けさせていただくこととなりました。


上記のブログを書いた時点ではハイブリッドの予定でしたが、新型コロナウィルス蔓延を受けて、集まれる出演者は会場に、参加者の方はフルオンライとなりました。

そんな中、めちゃくちゃ緊張をして当日を迎えたのですが、最低限の役割を果たせてたのではないか?と思っています。

昨年のShift14のオープニングトークはこちらです。

そんな「Shift」ですが、今年も開催、そして今年も司会をさせていただけることになりました。

CSS Nite Shift15イベント概要

毎年年末に開催している「Shift」シリーズの第15弾として、5つのカテゴリーから2021年のウェブ制作シーンを振り返ります。

内容・登壇者
  • マークアップ/半田 惇志(100)
  • ウェブマーケティング/益子 貴寛(まぼろし)、吉村 正裕(サイバー・アシスト)
  • アクセシビリティ/植木 真(インフォアクシア)、辻 勝利(SmartHR)
  • アドビ/境 祐司
  • Webデザイントレンド/原 一浩(Kansock.Industries)、矢野 りん、坂本 邦夫(フォルトゥナ)
イベント
  • 開催日:2021年12月18日[土] 13:30-19:00
  • 形式:オンライン(Zoomウェビナー)
  • 主催:CSS Nite
  • 参加費(お一人)
  • 10,000円(経費での参加)
  • 6,000円(自腹での参加)

終演時間は若干の延長の可能性があります。

イベントへのお申込み・より詳しい詳細

下記の引用をしているリンク先に詳細が記載しておりますのいで、ご確認をお願いいたします。


CSS Nite Shift15へのおハガキを大募集!

昨年もこのポッドキャストでは「CSS Nite Shift」の当日に出演者にお伺いをする質問や、イベントへの応援のおハガキを受け付けておりました。

今年も募集しておりますので、少し下に書いているポッドキャストへのおハガキ投稿方法からご連絡をいただけえればと思います!

皆さんのご投稿をお待ちしております!

ポッドキャスト(Podcast)へのおハガキの募集

ポッドキャスト(Podcast)で取り上げる「おハガキ」(と称するTweet、DM、メッセージ、フォームからのご連絡)を募集しています。

普段のご自身のお仕事において「Webディレクターとしての仕事の仕方」や「Webディレクション」に関する疑問・質問がある方は、

からどしどしお送りください。 面白い内容についてはポッドキャスト(Podcast)中でとりあげさせていただき、名村なりの回答をさせていただきます。

ポッドキャスト(Podcast)ゲストの募集

この番組では放送にお越しいただくゲストの方も大募集しています。

現役のWebディレクター、勉強中のWebディレクター、Webディレクターとお付き合いをするデザイナーやエンジニアの方々で、ご興味があればSkype収録とかでご参加いただければと思っています。

TwitterのDMで名村までご連絡おハガキ投稿のフォーム をお送りください!!


著者・名村晋治のプロフィール

Webディレクター 名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア26年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からは都内のWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年東京のWeb制作会社・ホームページ制作会社、株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事