日記

データバックアップの方法はいろいろ試した結果、Dropboxに戻ってきました。

Dropbox

Dropboxサービスロゴ


最近取り扱うデータ容量が増え続け、バックアップだけではなく、そもそもローカルマシンのディスクに置いておくことすら難しくなってきました。

スマホで撮影できる画質はどんどん向上し、「どうせ撮影するなら綺麗な画質で・・・」と考えると、1ファイルのデータ量は増え続けます。

また年始にosmo pocketを買ったのですが、画質が4kとかな訳です。そうなると簡単にGB単位のデータになる訳で、個人ユースでもデータの置き場所に困ります。

そうなった時、データの怖いのは「消えて無くなること」です。
物理的なテープや写真も劣化はありますが、ある日急に無くなるということはありません。とするとデータの場合には「なくならない場所がどこか?」ということになります。

名村はかなり前からDropbox派でした。
ただ写真はFlikerの有料プランにしていてアップし放題にして保管していました。

ただ2年ぐらい前にこれでは難しい事象が出てきました。

  • Flikerでの写真整理が「フォルダ」的に管理するには面倒
  • Dropboxの個人契約の容量が1TBが限度だった

1TBで足りてなかった理由は、

  • iTunesのバックアップを取っておきたい
  • 動画データがFlikerにはアップできない容量になってきた
  • 自炊している書籍データの容量がかなり大量になってきた

ということからでした。
それらの事情があり、一時、費用を出せば容量を増やせるGoogle Driveに移行していました。

ただ、Google DriveはDropboxと比べたときに、致命的な欠点がありました。

  • ファイルの同期がDropboxに比べて異常に遅い(多分同期済みチェックのアルゴリズムが大きく違うと思われる)
  • ブラウザでGoogle Driveを開いて、ファイルを配置しているディレクトリを「ローカルと同期していないディレクトリに変更」とすると、ローカル側はファイルが「ゴミ箱」に行く(Dropboxは直接消える)

この挙動がどうしても気になっていて、地味にフラストレーションでした。(まぁ、好みの話です)
と思っていたら、Dropboxが個人ユースでも3TBまで拡張されました。



これで当面手持ちのファイルの総容量を賄えることになったので、Google Driveを解約してDropboxに戻ってきました。

あとこれに決めた理由は「あたかもフォルダで管理しているかのように、一つのクラウドサービスで完結したい」ということでした。

名村はどうしても「写真は◯◯、動画は✕✕、ファイルは△△・・・」というのが性に合わないのか、面倒くさいって思いの方が先に立ってしまい、一つのサービスに集約させたいって思いの方が強いというのがありました。

クラウドサービス間でデータの移行をする

クラウドサービスの移行の時に一番面倒に思うのが「クラウドのデータ→一度ローカルにダウンロード→新しいクラウドサービスにアップロード」です。

数GBぐらいであればいいのですが、1TBぐらいのサイズになってきたら、ダウンロードだけで一苦労です。
ましてや同期の遅いGoogle Driveです。サーバだけに置いていたものをローカル同期しようとしたらそれだけで数日ぐらいは平気でかかります。

またFlikerのデータも今回Dropbox側に持ってこようと思っています。そうなるとますますダウンロード→アップロードが不便です。
というときに良いサービスがありました。


これは結構多くのクラウドサービスをサービス間で直接データ移行をしてくれます(実際の仕組みは直接か分からないですけど)
ローカルを介さないでいいので、ダウンロード→アップロードの手間が省けしかも結構高速です。

MultCloudがサポートするクラウドは次のとおりです」のページにあるものをざっとあげても、

  • Dropbox
  • Box
  • Amazon S3
  • WebDAV
  • Google Drive
  • OneDrive
  • SugarSync
  • FTP/SFTP
  • CloudMe
  • Amazon Cloud Drive
  • Cubby
  • MyDrive
  • WEB.DE
  • MEGA
  • Yandex
  • HiDrive
  • BaiDu
  • MediaFire
  • OwnCloud
  • Alfresco
  • ADrive
  • Flickr
  • Hubic
  • My SQL
  • Evernote

これらのサービス間でのデータ移行が可能です。
無料で使うこともできますが、50GB以上のデータを出来るだけ早く移行したい場合には費用がかかってきますが、これは費用を払ってでも使うべきサービスと思っています。

これを使って、

Fliker→Dropbox
Google Drive→Dropbox

のデータ移行を行いましたが、手続きさえしたらしたら後はほったらかしでいいので、めっちゃ楽でした。

Dropboxの機能を有効に使うための設定

あと、Dropboxにに移行して行った大きな施策は、

  • シンボリックリンク設定による同期
  • ローカルで共有する、サーバだけに置いておくディレクトリの整理
  • ローカルに置いておくものも、ファイル自体のデータごと置いておくかデータの存在だけを置いておくかの整理

でした。

一つ目はMacだと比較的容易に昔からできていた使い方ですが、デスクトップをDropbox管理にしています。なお、この話はマシンを一台しか使っていない人にはあまり意味はないかもしれません。

一般的にDropboxはユーザディレクトリの直下に同期用の「Dropbox」ディレクトリができ、その配下に置いたものがデータ共有されます。
しかしデスクトップディレクトリは、そのままではDropbox配下ではないので、Dropboxの管理下におけません。

そこでDropbox配下にシンボリックリンクでデスクトップを置くことでデスクトップをDropbox管理下に設置が可能です。

これをしておくと複数のマシン間でデスクトップを同期できます。
あとはデスクトップのバックアップです。名村は常に10個以下しかデスクトップにはファイルを置かない派ですが、一時的な置き場所に使っています。その時のバックアップとしてDropbox配下にあると安心感があります。

あと出先でスマホでデスクトップに置いていたファイルを(時々ですが)見ることもあります。

シンボリックリンクの設定の仕方

  1. デスクトップに置いてあるファイルを、一旦別の場所(マイドキュメント配下など)に退避させデスクトップを空にしておく
  2. Dropboxを一旦終了させる
  3. ターミナルを開いて、コマンドを打ってシンボリックリンクを設置する
    1. 「ln -s ~/Desktop ~/Dropbox/(任意のディレクトリ名)」と入力
    2. エンターキーを押す
  4. Dropboxを再度起動させる
  5. 退避させていたファイルをデスクトップに戻す

これでデスクトップのシンボリックリンクがDropbox配下に設置され、デスクトップに置いたファイルがその場でDeropboxに同期されるようになります。

これをiTunesディレクトリでも実施しました

MacでiTunesが参照しているディレクトリは移動ができるのでシンボリックリンクを設置する必要はないのですが、なんとなく試してみたいのもあり、こちらでも実施。

iTunesディレクトリをDropbox配下に置いた時の懸念

iTunesディレクトリをDropboox管理下に置いた時に発生する事象があります。それは、iTunesで音楽などを再生した時に、「iTunes Library.itl」などのライブラリ管理のファイルが更新されます。
「再生→停止→しばらく放置」としていると、ファイル同期の関係かiTunesで再生ボタンを押しても動かない・・・ということが時々発生します。この場合はiTunesを再起動すれば直ります。

シンボリックリンクの今後(2019年10月16日追記)

記事をお読みいただきました鷹野さんからご指摘をいただきました。
名村は知らなかったのですが、Dropboxはシンボリックリンクでの同期は非推奨らしく、今後はシンボリックリンクによるDroboxディレクトリ外のファイルは共有されなくなるようです。


上記のページに、

2019 年半ばをもって Dropbox では、シンボリックリンクでリンクされた、Dropbox アカウント以外の場所のアイテムは同期されなくなりました。

とありますね。
上記のページには、

  • Dropbox アカウント内のアイテムにリンクするシンボリックリンクを作成した場合、シンボリックリンク ファイルとリンク先のアイテムがそれぞれ同期されます
  • Dropbox アカウント以外の場所にあるアイテムにリンクするシンボリックリンクを作成した場合、dropbox.com にログインすると、シンボリックリンク ファイルのみ表示され、リンク先のコンテンツは表示されません

とありますので、このシンボリックリンクの方法では上手くいかなくなるようですので、注意が必要です。

シンボリックリンクの補足

最近はフロントエンドエンジニアでも普通に黒い画面(ターミナル)を使ったりしているので、ターミナルでコマンドを打ち込むのも抵抗少なくなってきていると思いますが、苦手な方もいますので、ツールのご紹介です。


SymbolicLinker」は、名前の通りmacOSでシンボリックリンクを作成するオープンソースのアプリ。
インストールの際、DMGファイルを読み込んだら「installation instructions.rtfd」というガイド(付属)を読まなければならないのがちょっと面倒ですが、インストールしちゃえば使うのは楽です。

Windowsだと「Link Shell Extension」があります。


Windows「ショートカット」、Macの「エイリアス」とは違い、シンボリックリンクで作られたものは「実体」として動くものですので、使い方を理解していると、

  • ホームディレクトリ配下においているけど、実体はは外部ストレージ
  • ローカル開発環境で、複数のサイトで完全に共通で使っているファイルをシンボリックリンクにすることで、実際に管理するのは1つのファイルにする

といったことも出来ますので、覚えておくと便利な小技です!
(鷹野さんからシンボリックリンク作成の話題も追加してもらいたいとアドバイスをいただき追記させてもらいました。鷹野さん自身もAdobe MAX Japan2017のセッションでPhotoshopとIllustratorのセッションでシンボリックリンクの話題を出されていたそうで、知っていると便利とのことでした)


サーバだけに置いておくディレクトリの作成

1TBを超えるデータ管理になってきたので、全部をローカルのマシンのディスクにおいておけません。
ですので名村は、

  • マイドキュメント
  • マイドキュメント_非同期

といった形で「大きな意味で同じ管理下だけどローカル共有用とサーバだけに置いておくものを分けるフォルダ」の2つを作っています。ただ、これをやっているのはDropbox直下だけです。

自分のローカルマシンの中身をあくまで正として、

「このフォルダはマイドキュメントに入れてて、捨てる訳じゃないけどローカルに置いておかなくていいかな」

と言ったものを退避させています。
大きな視点では「マイドキュメントに入れている」という状態なので、ローカルになければ「サーバ側の『マイドキュメント_非同期』側にあるはずだ」という思考になるようになっています。
まぁ、これは個人のファイル管理のやり方なので、あくまで一例です。

スマートシンクの機能の利用でディスク容量を確保

Dropbooxで2019年になって新しくできた機能に「スマートシンク」があります。
これはファイルのコンテンツ自体をオンラインのみに保存、ローカルに保存を選ぶことができる機能です。

これによってFinderで見た時には「実態」があるように見えるのですが、コンテンツの中身はローカルに置かずに管理ができるので、ディスク容量を確保することができます。

ただ、これは正直使い勝手は悩みどころがあるかもしれません。コンテンツの実態はないけどファイルは存在しているように見えるのですが、当然ネットに繋がっていなければ「あるはずのファイルが開けない」状態になります。

ですので、常に必要ではないけど、クラウド側だけに置いておくと忘れてしまう・・・といった場合には有効なのかもしれませんが、やっぱり使い勝手的には微妙ではあります。

ということで、メインをGoogle DriveからDropbooxに移行しましたが、

  • iPhoneからの写真・動画の同期先
  • 以前DVD化していた撮影動画の元データのバックアップ先
  • 普段使っているデータの保存先
  • 置いておきたいデータのバックアップ先

としてDropboox化しましたが、個人的には同期速度、費用、管理工数とバックアップの安全性などを勘案した時のベストプラクティクスと思っています。

ハードディスクやSSDを用意するのも考えたことがありますし「裸族のお立ち台」や扱いが楽で大容量の「WD HDD ポータブルハードディスク 4TB My Passport Pro for Mac」なども使ったこともあるのですが、いかんせんノートパソコンに「接続する」手間と「ディスクの物理的な置き場所を用意する」ことへの手間、また最終的には物理的に壊れる可能性がある不安からクラウドオンリーにしています。

ただ、これも取り扱っているデータが2TBぐらいで済んでいるから言えることで、カメラマンや動画編集者の方は数十TBになってくるとクラウドでは収まらないのだとは思います。

それでも今後5Gの時代になったら、いよいよパソコンには物理的なディスクはそれこそOSだけの為に存在していて、データストレージとしての役割はクラウド側に移っていくのではないかなと思っています。

ファイルの保存と管理で参考になれば幸いです。


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事