Webブランディング

とりあえず書き上げました

まだ実はタイトルも決まっていませんが、現在執筆している本があります。
内容はというと、Webサイトを利用してブランディングを行うには?っていう内容ですが、出来るだけ噛み砕いた内容にしているつもりです。

ともすると分かっている人には、くどいぐらいな内容になっていたりすると思います。

というのは、構築するサイト規模として数十万円から高くても数百万円程度程度、個人的に市場で一番多いと思っているサイト構築規模をターゲットにしています。

名村自身がフリーでもやってきましたし、現在は制作会社にもいるから分かるのですが、そういった規模でWebブランディングをしようとすると、まず制作会社から全部を提案するようではあっという間に予算がなくなってしまいます。

となると、企業側、つまり発注側の担当者や企業内の人にも知恵を振り絞っていただき、単純な金額のコストを掛けずにすむ所は押さえ、本来のクリエイティブに予算をさける方法論があってもいいのでは?と思ったからです。

そういった規模でWebブランディングを行っていくにはどうしましょう?っってのが書いている本質になるので、どうしても制作会社の方には当たり前の事かもしれない事でも、企業担当者には初めてのことばかりになる可能性があり、自然、くどくとも何度も伝えて分かっていただこうという意図もあったりします。

実は5月ぐらいから書き始めていたのですが、とりあえず第一稿レベルで全部を書き終える事が出来ました。

とりあえず「書き上げた」レベルなのでこれからが本番なのですが、ちょっと前に進んだ感じです。

とりあえず一まとめにして、読み直して見ようと思います。


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事