Webブランディング

『変革期のウェブ 〜5つのキーワードから読み解くウェブとビジネスのこれから〜』が発売になります。

今月に開催される「Web標準の日々」ですが、連動書籍がありまして、セミナー自体のモデレーターをさせていただく事に関連して、こちらの書籍『変革期のウェブ 〜5つのキーワードから読み解くウェブとビジネスのこれから〜』(毎日コミュニケーションズ)にも関わらせていただく事ができました。


『変革期のウェブ 〜5つのキーワードから読み解くウェブとビジネスのこれから〜』


・著者:鷹野雅弘・益子貴寛・長谷川恭久・安藤直紀・原一浩・名村晋治
・予価:819円(税込)
・新書判 192ページ
・ISBN978-4-8399-2465-2
・発売日:2007年07月中旬

■内容紹介
ウェブはすでに、広告、販売、マーケティング、顧客サービス、ブランディング(ブランド価値向上)など、企業活動のさまざまな局面で、必要不可欠なメディアといえます。さらに、ウェブ自体、サービスが進化したり、ほかのメディアと融合したり、競合したりと、変動期にあるといってよいでしょう。
本書では、「ソリューション」「コンテンツ」「テクノロジー」「サービス」「プロジェクト」という五つのテーマから、現場で関わる人間の生の声を通して、座談会形式でウェブの現在と将来を論じます。

■目次
* はじめに ウェブの変わり目の中で
* 第1章 ソリューションとしてのウェブ
* 第2章 コンテンツとしてのウェブ
* 第3章 サービスとしてのウェブ
* 第4章 テクノロジーとしてのウェブ
* 第5章 プロジェクトとしてのウェブ
* 第6章 ウェブのこれまで、ウェブのこれから

名村はこの中で座談会のモデレータとして「第5章 プロジェクトとしてのウェブ」、モデレータ総括としての「第6章 ウェブのこれまで、ウェブのこれから」に参加させていただきました。


「第5章 プロジェクトとしてのウェブ」は仕事という意味での「プロジェクト」をどう捉えて、定義が曖昧ではあるのですが、比較的最大公約数としての「ディレクション」ってなんぞや?という事を、

・森田雄氏(ビジネス・アーキテクツ)
・阿部 淳也(コスモ・インタラクティブ)

のお二人とさせていただきました。
書籍にまとめるに当たって随分割愛したところもあるのですが、総じて「仕事観」という事の話になっていると思います。

書籍に書かれているレベルで仕事をしているのは、あのお二人だからこそではあると思いますし、会社の規模や案件規模によって、そのやり方で出来る出来ないって論議はあると思いますが、「クリエーターとして」「いち社会人として」「お客様から大事なお金を預かる責任を感じているのだとしたら」といった部分にも言及しています。

これから「仕事」を捉える上で結構重要な事を話をしていると思うので、もしよかったらお手にとって頂けると幸いです。


ただ、一方で「ではディレクションとは?」って部分よりは「それって役職名の問題?」といった事を論議しているように勘違いをされるかもしれません。
できればそうではなく、お二人の仕事への姿勢や、それがあるからこそのクォリティや、コミュニケーションなんだって部分を読み取っていただけると嬉しいです。

まぁ、名村はぶっちゃけあのレベルでは仕事できていませんから!(笑)


また他の章も全て拝見しているのですが、もうそうそうたる方々が列席されています。


  • 阿部 淳也(コスモ・インタラクティブ)
  • 安藤 直紀(デジタルハリウッド)
  • 伊藤 学(ウィルシステム)
  • 植木 真(インフォアクシア)
  • 鵜川 太郎(リンクシンク)
  • 上ノ郷谷 太一(2xup)
  • 小久保 浩大郎(ビジネス・アーキテクツ)
  • 坂本 貴史(ネットイヤーグループ)
  • 佐野 勝彦(博報堂アイ・スタジオ)
  • 正田 康暁(イー・エージェンシー)
  • 鷹野 雅弘(スイッチ)
  • 名村 晋治(ソナー)
  • 長谷川 恭久(COULD)
  • 原 一浩(エフエックスビイ)
  • 藤川 真一(paperboy&co.)
  • 堀内 敬子(アズシーツー)
  • 益子 貴寛(サイバーガーデン)
  • 三島 功(qurage.net)
  • 森田 雄(ビジネス・アーキテクツ)
  • 吉田 健吾 (paperboy&co.)

毎コミさんでは「ウェブに関わる業務をしている方はもちろん、ウェブおよびITの現状とこれからに興味のあるビジネス層は必読の1冊。」と銘打っていますが、まさにそういった一冊になっていると思います。

新書で出版なので、ぜひともお手にとって読んでいただけるといいなと思っています。


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事