日記

Web2.0って儲かるんですか?

CNETで面白い記事を見かけました。

Web 2.0、ベンチャーキャピタルを悩ませる理由

どうやら、ベンチャーキャピタル(VC)にとってはWeb2.0というのは美味しい出資先ではないらしいですね。
理由が「Web 2.0企業は最初から利益を出しているので、投資のしようがない」という事らしいのですが、これ、本当でしょうか?
確かにWeb2.0系の技術としての代表格の「Flickr」「Del.icio.us」をyahoo!が買収したというのは、目新しいし、開始一年程度のサービスがここまで爆発的に広がったというのも一つの理由だろうと思います。

けど、Web2.0という言葉は昔の「マルチメディア」と同じようにとは言いませんが、概念を表す言葉でしかなく、最終的にサービスをどうしていくか?って事だと思うんです。
って事で言えば、必ずしも「Web2.0だから儲かる」って図式は当てはまらず、ユーザービリティのいいサービスを提供する事を前提にサイトを作り、その技術がたまたまAjaxに代表されるようなものでWeb2.0にカテゴライズされたものが、流行ったという事でしかない気がするんですよ。

別にWeb1.0(謎)でもいいサービスであれば、yahoo!は買いにくると思いますしね(笑)
VCも、大きくしてガッポリってするつもりなら、Web2.0だからって事ではなくて、そこのサービスって何やねん?って視点で考えればなぁ。

なんて書いていますが、VCがそういうのを見ているのは百も承知。
あくまで記事が「VCがWeb2.0サービスの企業への出資に苦戦」って表面をなぞらえているからそういう風に見えてくるだけですね。

ただ、別の理由で出資しにくいだろうなぁ、とは思います。
確かにサービスの目指すところはあるものの、Web2.0の特徴の一つは「永遠のβ版」。
正式版でないものでリリースして、サービスにはなっているのだが、それがどれくらいの収益をもたらすか、VCは判断するのがとても難しいだろうと思う。

どちらにしてもWebはサービス。
お客様の心を掴むか否かが勝負の分かれ目。

ってブランディングの話はまたいずれまとめてドカンと(謎)


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事