日記

そろそろロリポップでは遅いなぁ、と思った場合のレンタルサーバー選び

最近サーバーが富に重たい。
閲覧もそうだし、エントリーをアップしたりするのにも、送る側の回線速度ではなくて、明からにサーバー側が重たい。

実は今までロリポップだったんですけど、ロリポさんではデータベースはMySQLで1つだけだし、時々MySQLサーバーが落ちている(?)
実は別のドメインでもa-blogを使っていることもあって、出来れば統合ができないかなぁ?と思いサーバーを移転の検討を始める事にしてみました。

新しいホスティングサーバーへの要求は以下のとおり。

・月額5,000円以下
・そこそこの容量、速度
・MovableTypeやXOOPSが存分に使えるサーバースペック
・できればマルチドメイン(ひとつのサーバーで複数ドメインの複数サイトを運営できる)

マルチドメインに関しては上手く使えるかどうかがいまいち分かっていないのだけど、少なくともバックボーンがもうちょっと早くて、サーバーがサクサク動いてくれているところを探していました。

専用サーバーは?と知人に言われたこともあるのですが、そこまで詳しくはないし、そういった事を調べるのも面倒なので、コントロールパネルが整備された共有サーバーの方が管理に時間をとられないで済む、費用も安い、って事で共有サーバーを探すことにしました。

あちこち探したり教えていただいたりして、検討したのは以下。


さくらインターネット


価格は圧倒的に安い感がある。実際に使ってみたらロリポップに比べれば比較にならないぐらいサクサク動いてくれた。
とは言え、ドメインをは移管したわけではないから、まだ実際の利用に関しては不明な部分がないこともないけど。
あとメールアドレスが自由なのは結構嬉しく、以前前職の尊敬しているディレクションの人が個人契約をしていて、薦められたところなので、記憶に残っています。

さくらインターネット

Xserver(エックスサーバー)


サーバーはかなり速い。ImageMagick、GD等サーバーに負荷のかかるプログラムを抜いて軽さを実現している、という状態らしいのでパスしました。
フォトログ(大きなサイズの写真をアップロードして、 ImageMagickでサムネイルを生成)などをやらない人なら、文句なしにオススメできると思います。

Xserver(エックスサーバー)

Spencer(スペンサー)


スペック的には可もなく不可もなく、って感じのサーバー。
管理者さんがが本も出している技術屋さんらしく、サポートが丁寧とのことを友人から聞く。
サーバーやバックボーン等の情報公開もしっかりされており、好印象。
マルチアカウントにするならここに決めたいなぁ、と個人的には思っています。

Spencer(スペンサー)

WILLNET(ウィルネット)


やや高めだがサービススペックは良いし、サポートも比較的丁寧。
サイトもビジネスビジネスした感じで信用できそう。
しかし、「あそこ速度が遅いよ?」というもの事を何人かが言っていて、結局それでサーバーを変えているらしいので、それじゃ意味ないじゃん!って状態だなぁ・・・とポイントマイナス。

WILLNET(ウィルネット)

80code


可も無く不可もなくといった感じのサービスと見せかけて、コストパフォーマンスはぼちぼち。
まぁ、価格を考えればこんなものかな?と思いますです。
申し込み前のサポートは迅速でした。
が、もうちょっと早いのがいいかなぁ・・・。

80code

って事で、今のところ、さくらインターネットか、Xserver(エックスサーバー)のどちらかにしようと思っています。

ただ、データベースの移動を考えると半端なく面倒で、今の仕事状況を考えるととてもそれをやっている余裕はないのも実際だったりするので、真剣にどうしようかと悩み中。

はてさて、他にお勧めってありますでしょうか?


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア25年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からはWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事