日記

読んで自分の仕事を見つめ直した「『プロ』と『アマ』の13の違い」!

http://lifehacking.jp/を見ていてはっとさせられる記事がありました。

それは「『プロ』と『アマ』の13箇条」と言うモノだったのですが、個人的にもかなり大事にして覚えておきたいと思えるものでした。


プロアマ
1. 人間的成長を求め続ける1. 現状に甘える
2. 自信と誇り2. ぐちっぽい
3. 常に明確な目標を指向3. 目標が漠然としている
4. 他人の幸せに役立つ喜び4. 自分が傷つく事は回避する
5. 可能性に挑戦し続ける5. 経験に生きる
6. 思い信じ込むことができる6. 不信が先にある
7. 自己訓練を習慣化7. 気まぐれ
8. 時間を有効に習慣化8. 時間の観念がない
9. 成功し続ける9. 失敗を恐れる
10. 自己投資を続ける10. 享楽的資金優先
11. 使命を持つ11. 途中で投げ出す
12. 出来る方法を考える12. できない言い訳が口に出る
13. 自分のシナリオを書く13. 他人のシナリオが気になる

プロとアマの違いというのもそうなんですけど、大人と子供といった差にもなるのかもしれません。

先日のNHKでの「プロフェッショナル仕事の流儀」中村勇吾さんの回を見てから、以前の役者時代だった頃の、「(PJそのものであったり、プロダクトであったりを)作り上げる」とか「自分の能力の向上」とかって部分をすごく考えたりする機会が自分の中で生まれています。

もちろん別に役者だからどうとか偉いとかって訳ではなくて、それを全然別のモノとしてしまいがちになっていた自分がいて、その乖離に何となく悩むこともあったわけです。

でも、「プロフェッショナルとは?」って部分を最近考えていく中で、この13の項目が全部ではないもの一つの指針であるのは間違いないだろう。

今後の自分自身への戒めとしても覚えておきたいですね。


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事