日記

今日発売のMac Fanに取材をしていただきました〜

Mac Funの掲載内容・・・・汗

Mac Funの掲載内容・・・・汗

ということで(謎)もう発売されてしまっているので告知というか白状というかなのですが、今日発売のMac Fanに名村が取材を受けた記事が載っています。
なんでもこのブログの記事で、Snapz Pro Xを使っていると言うことから連絡を頂戴し、著名とか有名という見出しにはかなりおよび腰だったのですが、取材をしていただきました。


スタイルをもつ著名・有名Macユーザーが勧める理由
伊達mono

特集記事

特集記事

Snapz Pro Xは個人的には神森さんに一番最初のきっかけとして紹介をいただいてからというもの、かなり便利で公私に渡って使っていました。
本誌にも書いているのですが、個人的にな使い方で一番重宝しているのは、これで設定をクリップボードにしておき、メモとして保存しておきたいページとかをキャプチャして、それをEVERNOTEにそのまま貼り付けています。

もちろんサイトとしての有効性や文字列レベルで追いかけたい内容だったりしたら、del.cio.usに投げているのですが、Amazonとか楽天とかで似たような物とかレコメンド結果とかの場合には、キャプチャして保存していたりします。

動画の撮影はやっぱり使い方のチュートリアルなんかを作る場合というか、作った方が早い場合などには、Windowsでやるにはかなり大変な・・・のかと思いますが、今ならMac上のParallelsでWindowsを動かして、その画面の動作をSnapz Pro Xで撮影してしまえば、動画の提供先にもWindowsの使い方として見せる事が出来ますしね。

あと、紹介をしてもらった時に神森さんにコメントでご紹介をいただいているのですが、各ウィンドウレベルでオブジェクトとして認識をしてくれて、しかもそれを複数選択してキャプチャが撮れるというのは、無茶苦茶便利。

単独のウィンドウレベルならクリップボードへの吐き出しだけで考えるならWindowsでも出来ているのですが、アプリケーションとかの場合には、さすがに難しくなってきますので、これは結構個人的には利点になっています。

確かに毎日使うアプリではないのですが、入っていて助かるナーと思える意味では、素晴らしい縁の下の力持ちアプリです。


閑話休題。
え?閑話休題ってここからが本題なのか?といわれうとアレなのですが、一般雑誌に載るってのは、もの凄い緊張しました。
最初に連絡をいただいた際には撮影も・・・ってことで、てっきり取材をされている時の話をしている写真かと思っていたら、盛大な撮影準備をされ、Macbook Proを片手に持って何となくそれっぽいポーズまで取ってる写真を・・・・(爆)

さっきコンビニでMac Fanを手にとって見て二度赤面。
しかも見出しの「著名・有名」ってのは・・・・名村以外は本当に無茶苦茶著名・有名な方々で、ご一緒させて頂いて光栄なのですが、小心者なので(謎)どん引きしてしまいました(汗
ま・・・まぁ・・・・宣材写真を撮られた・・・と思えば、役者時代にも普通に経験はあるわけで、面白い経験をさせていただいたと思っています。
ありがとうございましたー。
もし良かったらお手にとっていただければ、嬉しいです。

あっ、不動産関係の会社様でもしこちらにたどり着かれた方がいらっしゃいましたら、名村までご連絡をいただければ、ご相談にはお答えさせていただきます!


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア25年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からはWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年東京のWeb制作会社・ホームページ制作会社、株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事