日記

a-blog cmsの個別レッスンを受けてきました。

先週の火曜日にこのブログのエンジン、a-blogを作っているアップルップルさんの次世代CMSであるa-blog cmsのレッスンを受けに、名古屋のアップルップル本社にお伺いしてきました!

個人的には、このブログがa-blogで出来ている事もあり、a-blog cmsは個人的なひいき目が入っているのは確実ですが、それでも使いやすいCMSと、正式版が出た当時から思っていました。
(それは他のCMSを使ってみての相対比ではなくて、個人的な絶対比です)

ただ、なにぶん機能というか、出来る事が多くなっているだけに、逆に頭の中で「この機能を触ると○○になる」というのを一度ある程度網羅出来ていない状態だったために、


よ、よく分からないんだよね・・・・。
提案したくても、自分が分かっていないからなぁ・・・・。
どこかで時間をとって勉強をしたいんだけど・・・・正直面倒だなぁ・・・。

という状態になってしまっていて、この3ヶ月ぐらいずーっと頭の隅っこに残っていたんです。

で、先日twitterでかずみちさんが「a-blog cmsの合宿をしますよー」というツイートをされていたのを見つけたんです。
結局僕はその日程にはすでに予定が入ってしまっていたので「いけないんですよー」といったらかずみちさんが「うち(アップルップル)に来てくれていいですよー」といっていただけたので、お言葉に甘えて名古屋までいって、一日みっちり勉強させていただいてきました。


前日までにMBPにMAMPでローカルのサーバを立てて、そこにaa-blog cmsをインストールしていきました。

当日はガシガシ触りながら、かずみちさん自ら指導をしていただけ、自分の中で点になっていた機能が随分と線になっていきました。


以前に似たような感覚だったのは囲碁のルールは分かっているけど、指し方が分からなかったのが、理解出来始めた時のような感覚ですね。

要は、「ここを触ったらこうなる」というのがざっくり理解できたので、「えーっと、これをやりたいんだけどどうするんだっけ?えーい、もう分からんわー!(ちゃぶ台をひっくり返す)」という状態を乗り越えられたかな?と。

そこで感じたのは今更ながら感たっぷりで、なんか物凄い依怙贔屓記事のような感じになるのを承知で言えば「このCMSはかなり便利やなー」って事でした。
中小規模のサイトだったら、かなり更新性の高いサイト機能を実装出来そうです。

もちろん既製品だからこその限界はありますし、僕はアプリケーションはスクラッチで組む文化が長かっただけに、「出来る事を考える」のではなく「出来る事にはめ込む」部分がある事に多少まだ入り込めていない感はあるのですが、それでもかなり便利。

昨年のCSS NiteのCMS特集のLP版に出た時も思っていましたが、制作者の、特にプログラムを理解はしているけど自分でスクラッチで書く事が出来ないという制作者の使い勝手を本当に良く考えているな、と思いました。

逆に言えば、これは名村がある程度プログラミングとかサーバサイド側の動きについての素養があるからこそで、一歩引いて自分が純粋にHTMLを書く事とデザインが主な能力だった場合には、それでもそれなりのハードルはあると思います。


とは言え、他にも素晴らしいCMSとして、SOY CMSさんやRCMSさんなどもあるので、一度ざーっと使ってみたいとは思っているんですけどね・・・。


東京界隈でa-blog cmsでサイト構築を検討される場合には、ぜひWeb制作・ホームページ制作会社である株式会社サービシンクにお声掛けください!


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア25年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からはWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年東京のWeb制作会社・ホームページ制作会社、株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事