セミナー

「Web標準の日々」に出演の遠藤さん(ビービット)がプレジデントビジョンに出演中

Web標準の日々で「アクセシビリティユーザビリティ」トラックに出演される遠藤 直紀さん(ビービット)が、プレジデントビジョンに現在インタビュー記事が連載になっています!


プレジデントビジョンって?


プレジデントビジョンは読者数18万人を超える、社長の、社長による、社長のためのHTMLメルマガです。

ライブレボリューションの社長を務める発行者・増永寛之が、現在活躍中の社長に直接インタビューし、彼らのビジョン、経営哲学、成功の秘訣をメルマガにまとめてお届けします。

ビービットさんといえば、ユーザ中心アプローチを用いたインターネット事業コンサルティング会社 さんで、近刊の「ユーザ中心ウェブサイト戦略 仮説検証アプローチによるユーザビリティサイエンスの実践」という良書を出版された事でも有名ですが、その遠藤さんのお話がプレジデントビジョンで全8回(このエントリー時点で7/8回目)のインタビュー記事になっています。

「アクセシビリティユーザビリティ」トラックで遠藤さんのお話を目指していらっしゃる方は遠藤さんの人となりを知るためにもご覧いただくのも手かと思います。
(名村のトラックと日時か被っていますので、あまり沢山行かれてしまうとへこむのですが(笑))


  1. 2007年6月20日 vol.569 「確実に社会に大きな変化がきている
  2. 2007年6月22日 vol.570 「本当にこれで上手くいくのかな・・・
  3. 2007年6月25日 vol.571 「接客を設計する業務
  4. 2007年6月27日 vol.572 「意見ばかりを聞いてはいけない
  5. 2007年6月29日 vol.573 「やらまいか
  6. 2007年7月2日 vol.574 「メソドロジー
  7. 2007年7月4日 vol.575 「正直に、誠実にやる

著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事