セミナー

アックゼロヨン最終回-森川さんメモ

あくまで私的なメモです。
レジュメに記載以外の森川さんのトークの部分の補足なので、信用しちゃ駄目ですよ(謎)


森川さん

CSS+XHTMLサイト構築のワークフロー

要件分析・要件定義
利用者を明確にする(加筆分)
サイト利用者の要件を満たすために

指針書策定
ウェイトが大きくなった
お金取れるの?→撮っている
・ドキュメントで1センチ〜2センチに渡るもの
・クライアントや制作側も複数人で作成する事があるので、それを吸収するために必要である。
・ルールブック化しておかないと安定した品質で提供できない。

分冊しているもの
・サイト設計指針

■設計指針の内容(抜粋)
・やらないと行けないことをを考えて明確にしていく
(リニューアルの場合だとしたら)第二階層に直でくることが多いから上位階層を表示するナビゲーションがいるよね、といった風になる。
全部を書いているわけではないけど、ある程度のルール決めは必要

基本設計
・ディレクトリ設計
リニューアル与件として、過去のURIとのバランス(資産としてのURI)も考慮に入れる
※ディレクトリ名称は、情報の一部としてインターフェース設計にも影響する場合がある(body要素IDなど)

・文書構造
ワードの「スタイルと書式」でマークアップしたものをドリに持っていくと反映?
→クライアントからの原稿をマークアップしてもらうことが出来る
文章を塊として意識していく。
・インターフェース構造設計
例:週間ウェブスタンダード(WS.JP)
全ての要素を洗い出せばそれはCSSレイアウトでもテーブルレイアウトでも作れるし、CSSレイアウトできないことはない
ディヴィジョン(div要素)として考えていく


・インターフェースデザイン

詳細設計
CSS設計指示書
ギブスタイルシート
インポート拡張の考え方
HTMLのID分類と子孫セレクタと、二行以上のCSSリンクのメリット、デメリット
基本的なCSSとカテゴリー
モジュール設計
構成要素が先に分かっていれば、見出し、段落でもどういう表示にするのかを洗い出せる。
それを表現する為のモジュールを先に作りこんでいくことができる。
実装

運用
マークアップ
クライアントに運用をしてもらうためにも、HTMLはシンプルに作っておく必要がある。
見出しはH1と、段落はpと、リストはliと書くだけでいい状態にしておいてあげる。
CSSの追加と更新
設計者が必ず関わるようにしておかないと崩れていく。


上流工程ほんまにやってるの?
これをしてないと出来上がりがトンデモになってくる、PJが頓挫した時に大変になる。

CSSでの実装大変では?
スキルのアップは必要ではあるが、構成要素の洗い出しとモジュール化によってHTML自体は耐久性が高くなると確信している。

著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事