Webディレクション

予実(よじつ)の管理

予測と実際の差異をつかむ


これはWebプロデューサーだから、という訳ではなく、Webディレクションもそうですし、最終的にはプログラマやコーダー(マークアップエンジニア)、デザイナにとってもとても大事な感覚だと思いますが、とかくプロジェクト全部の管理をしなければならないWebディレクション・Webプロデューサーにとってはどれだけ適正な時間を推測できるのか?って所は大事な感覚だと思います。

というのは、この判断と管理で実際に利益率が大きく変わってくるからです。
Webディレクションを行う以上、お金の管理までその仕事の範囲は入っています。

となると、プロジェクトをする人の能力がどれくらいで、どれくらいの時間なら出来るのか?って事が分かっていなければなりません。

仕事の内容と同時にそれが分かれば完璧な見積もりがかけるわけです。

Webでよく言われる「見積もり」の事はまた別で書くとしまして、Webでこの見積もりは実際にはほとんど人件費となってくる訳です。

となった場合、予実の管理次第で利益が変わってる、というのが分かるはずです。
ですので、その意味でも予実の見込みと管理が出来る能力はWebディレクションを行う上でかなり大きな能力になると思います。


最も大変なのは自分自身の予実の管理

次に個人としての問題も出てきます。

Webの仕事で、いくらプロジェクト形式であっても、一人の人が一つのプロジェクトだけにかかりきりになれる制作会社さんはほとんどないと思います。

僕自身もWebプロデューサーとしての仕事もすれば、Webディレクションもしますし、コーディングから、簡単なページであれば絵も書きます。
下手をしたらperlやPHPでCGIも書きます。

そういう関係で自分がメインで動かしているプロジェクト以外にも細かい仕事や、プログラマなんかと純粋な技術的な話をしていたりして、どんどん時間は過ぎていきます。

その時、実際に作業をしている「時間」単位では予実は変わっていないのですが、「日」ペースでの予実は大きくずれ込んだりしてしまう場合が往々にしてあります。

これが一番の問題で、遅れるからといって他部署の人や、細かい仕事を「やってられません」と言えないのも会社という組織であり、それを見越して、「時間」ベースでの見積もりと「日」ベースでのスケジューリング、その両方をクライアントとの話し合いで納得してもらうのも大きな問題の一つとなってきますね。


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事