Webディレクション

これはもう制作会社じゃない

ミツエーリンクス、客先に担当者が常駐するウェブサイト構築/運用サービスなんてニュースが出ていた。

よく読めば、もはや単なるWebMasterが先方会社に行って張り付いている、という、以前にはあった、「即時対応はしたいけど、社内にそういったスキルのある人も居ないから、(制作会社の)誰かを社内にしばらく置いておいてよ」的なものではない。

ディレクターからデザイナ、プログラマ、(恐らくマークアップエンジニアに至るまでだろう)までがその会社に常駐というのだから、その会社のWebの制作だけではなく、運用から効果を出す、という目的達成に至るまで、つまり一つの部所までの一切合財をミツエーが請け負うという事だ。

今やWebサイトの構築からその目的達成はその企業の単純な広告というものではなく、企業の売り上げの多くを担うメディアにまで成長している。
その中で、専門家に依頼をするというのは正解だろう。
現在も制作に関しては、自分も含め制作会社という位置づけが確実に存在をしている。

また10年前に制作業を始めた当時から個人的には大きな悩みだったが、担当者とのミーティングでは、どれだけ回を重ねようが、本質的なその会社の解決すべき問題は往々にして見えてこない場合が多い。

あるホテルのサイト制作をした時、一番の問題は現場のフロントのWebリテラシーだったのはもっともいい例だと思っているし、これまでのセミナーでも例に出してきた。

そんな中、その会社に常駐的に居る事ができれば、その会社の風土といったものや、リアルでのスキームの問題などもより見えてくる。
そこでその社内ではな人間ならば、社内政治などいった余計な気遣いをせずにきっぱりとした改善提案もしやすいだろう。

以前、フリーランスでしている時にディレクション兼プロデューサーとして、実際にその会社に常住を数ヶ月させてもらい、数Phaseに渡っての改善提案から制作までをしたことも実際にある。
(最終的にはその会社の人にディレクション講座を行い、ディレクションスキームの提供をして終わりにしましたが)


ただ、企業側としてはどうなんだろうか?
もちろん、契約上の上下といったものはあるだろうし、その会社の予算なども諸問題もあるにはある。
プロ中のプロを雇うのを考えたら自社でWebの専門チームを作ったとしても限界があるのは明らかだ。

けれども、いい悪いではなくて、根本的な自社の問題を自社の中で提示して、それを改善していけるスキームを持っていない、自社愛を持ったスタッフの居ない会社では、一体誰が誰の為に何を提供するのかがぼやけてこないのか?と少し不安にもなる。

また、これだけの人数を外部から常駐するコスト対価を提供するというのは、やはりミツエーリンクスならばなせる業なのだろうとも思えました。


※ミツエーリンクスには知人もいるので、誤解の無いように書いてはいるつもりですが、批判とかではなく、あくまで感想です。


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事