Webディレクション

Inflame Casting vol.85と本の概要

もう昨年になりますが、以前出演させていただいた先日長谷川 恭久さんのPodcastサイトInflame Castingvol.85に出演をさせていただき、自社の会議室で収録をしてきました。

中で、今度出演させていただくCSS Nite in Osaka(近日詳細告知・・と思われ)であったり、来月に出る本の事とかを告知させていただきました!

あとはCGMの事についてひとしきり話をさせてもらってきました。

ヤスヒサさんは、さすがにPodcastで色々な方と交流を持ちトークも重ねているので、ついつい話をさせられてしまいます。(まぁ、喋るのは好きなので、半分以上は自分で喋ってる感もありますが・・・・(汗)

本については概要は話をしたのですが、ちょっと見えてきたので、ここでもその部分を上げてさせてもらおうかと。


「Webブランディングの入門教科書」って事でタイトルで「入門教科書」を謳っているのですが、基本的にはWebサイトに関わる方万人向けに書いているつもりです。

逆に言えば、物凄い突っ込んだ話であったりとか、ディレクション術的な部分はかなりあっさりとしか触れていなくて、それよりはアイデアを出す為の術的なものをメインにしています。
その中で、「商売って何?」「お金を貰うってどうする事?」「お客さんの心はどこにある?」的な商売商売した部分については折にふれ何度も書いた内容になっているはずです。

というのは、コミュニケーションツールとして発展しつつあるWebサイトでサービスを提供する、というこの時代になんとなく感じていたのは、


(自分も含め)制作側もクライアント側も自分のフィールドでない所で無駄に労力を使っている部分があるんじゃないかな?

って事なんです。
その部分をもうちょっと改善できるような手法ってないかな?と模索していたり、自分なりにいろいろやってみたりって事を纏めたってのが一番言いえて妙だと思っています。
その中で名村個人としては、Webサイトを使って「ブランディング」を行っていく、っていうのは90年代の頃からその言葉を使っては居なかったものの、感じていてやってきた事なので、今回のタイトルには「Webブランディング」を冠させてもらいました。

「ブランディング」と書くと小難しそうに感じてしまうのですが、個人的には「お客さんに気に入ってもらうには?」という事だと思っています。
その視点では10年ぐらいWebサイトの制作に携わってきて実践してきた事は概ね詰め込めたのではないかな?と思っています。

ただ、逆に大規模なサイト構築に関して参考に、という事であれば、ちょっと分を超えているかな?
予算で言えば100万円ぐらいまでのWebサイト構築、これって市場規模で言えば実は物凄いたくさんあると思うんです。

ただ、そういった予算の中で、「お金が無いなら知恵を絞りましょう、知恵を絞るのならこう考えてみませんか?」ってのが肝になってきます。
その意味では、Webサイトの制作を発注する人も、企業に運用に入ってからの部分を提案する制作会社の人にも読んでいただければとても嬉しいです。


あと詳しい事は、本の内容と被ったり被らなかったりするかもしれませんが、このブログで補完していこうと思っています。
ですので、もしご質問とうがあれば、是非ご連絡なり、コメントをいただければ、嬉しいです。

質問は、ここの「質問箱」のエントリーにコメントを頂ければと思います!


参考エントリ


プレゼント「ちゃんとCSSするためのスタイルガイド入門」「Web designer 2.0進歩し続けるWebデザイナーの考え方」
長谷川恭久さんのPodcastに出てきました
Inflame Casting vol.57
CSS Nite in Osaka 2007 Spring
Inflame Casting vol.85

著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事