プロデュース

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で勇吾さんの作っていたユニクロのサイトがオープンされてた。

先日のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で中村勇吾さんが某アパレルメーカー(笑)とのプロモーションコンテンツとして紹介があったサイトが公開されていました。

UT LOOP!


LT LOOP!

LT LOOP!


LT LOOP!

LT LOOP!

放送でもあったのがブラッシュアップされていました。

ブログに貼り付けられるようになるみたいですが、そこはまだ「coming soon」状態でしたが、チョコチョコさわっていると面白いです。

タイムラインは強制的に流れていくので、完璧な作品を作る訳ではなくて、外国人の方が発している言葉で遊ぶってイメージですね。


LT LOOP!

LT LOOP!

でも、なかなか上手く作れなくて、結構はまるかも(笑)
そういう意味では、プレステのようなゲームではなくて、ファミコン時代のようなゲーム感覚というか・・・・(謎)

放送中で佐藤可士和さんが「これが、目指していたグローバスマーケティング」と言っていましたが、そこにはちょっと疑問が残るものの(謎)、コンテンツの見せ方、組み上げ方はやっぱり勉強させられるモノが多分にあります!


あと、やっぱりユニクロは、佐藤可士和さんと中村勇吾さんの起用そのものが企業ブランディングになったのではないかな?と思います。

ブランドを作ろうとしている人にブランド価値があるというのは、建築でいう安藤忠雄さんみたいな感じでしょうか?(個人的には建築は親が関わっている関係もあって多少かじっている事もあり、コンクリート打ちっ放しの家は好みではありませんが(謎))

でも評価されるのは結局作ったモノからくるはずなので、やっぱり「プロフェッショナル」を目指して頑張っていきたいですね。


関連リンク



著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事