Webディレクション

“Social Media Optimization”?

Webサイトを通した新しいマーケティング手法とした「“Social Media Optimization”(SMO)」広まっているみたいですね。

以前にも聞いたことがあったのですが、SMOはSocial Marketing Optimizationだったはず。
今騒がれているのはSMOですが、「Social Media Optimization」のことで、ソーシャルメディア検索エンジンとか,ソーシャルブックマーク、ブログ,ポッドキャスト,ビデオブログなどからのトラフィックを増やす対策を講じることとして位置づけられているようです。

Rohit BhargavaはWebサイトのSMO(Social Media Optimization)を次のように定義してます。


While I believe in the power of SEO, there is a new offering we have started providing to clients which we call Social Media Optimization (SMO). The concept behind SMO is simple: implement changes to optimize a site so that it is more easily linked to, more highly visible in social media searches on custom search engines (such as Technorati), and more frequently included in relevant posts on blogs, podcasts and vlogs.

 それから,このSMOの対策として,Rohitは次の五つを掲げている。


1. Increase your linkability
魅力あるコンテンツを発信して,外部からできる限り多くのリンクを張ってもらうことが必要。ブログを設けることも重要。ホワイトペーパも有効。

2. Make tagging and bookmarking easy
"add to del.icio.us"のようなボタンを設けて,ソーシャル・ブックマーク・サイトでwebサイトのコンテンツを容易に取り込こんでもらえるようにする。

3. Reward inbound links
ブロガーがリンクを張りたくなるような環境を整える。まずWebサイト内の各コンテンツは必ずパーマリンクにする。さらに最近のリンク元をWebサイト上で掲載するのも,リンク張りのインセンティブを高める。

4. Help your content travel
Web サイト内では,PDFやビデオファイル,オーディオファイルのようなポータビリティの高いコンテンツを備えれば,外部からのトラフィックを誘導できる。 YouTubeのビデオファイルが良い例。

5. Encourage the mashup
例えば,RSSフィード配信を実施すれば,Webサイトのコンテンツが外部のマッシュアップの対象となりやすい。そうすることにより,トラフィックを誘導できるし,Webサイトのコンテンツが外部で議論されるようにもなる。

なかなか興味深い提案だと思います。

日本でもブログを使ったマーケティングって概念は先日エントリーした「企業サイト Webアクセシビリティ向上セミナー2006 」に出ていらしたフィードパス株式会社(Feedpath, Inc.)の小川浩さんがすでに書籍にしてそのアプローチ方法を示してくださっています。

しかし、やはりそれはツールの一利用方法でしかない面もあり、今回の「Social Media Optimization」という考えはCGM(Consumer Generated Media)なコンテンツになりつつあるWebサイトに対して、その場が市場になり、マーケティングのエリアになるという考えで、「ではどうアプローチすればいいの?」という点をまだ曖昧ではあるが、一つ明確な方向性を示していると思う。


Webサイトはますますユーザー主導になり、その場に企業が入っていく時に、明確であり、明文化されたブランドプロミスを形成し、それをまず社内のスローガンとして企業構成員がますますしっかり握れるようにならなければ、Webブランディングは遥か彼方の目標となってしまうのではないか?と思う。


その意味では、企業が巨大になればなるほど、そういった意思統一といった部分はどんどん困難になる。

逆に中小企業で社長、マネージャーレベルの人がしっかりとした方向を自社に浸透させることが出来るところでは、企業規模に対して、サービスの認知はより推進することが出来ると核心している。

そういった企業規模の方が自社のサイトやサービス提供サイトにてブランディングを行っていくには?ってことをがんばって書いています

これからこの「Social Media Optimization」という考えはSEO、SEMに続くメジャーワードになりえるかは、手法を考える我々にゆだねられているのかもしれません。


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事