Webディレクション

Webディレクションを行うとき、クライアントから「引きだす」ために使う名村のスキルセット

クライアントとお話をする

クライアントとお話をする


クライアントとの話の中で「引き出そう」としていること

名村はクライアントと話すのは比較的・・・どころかかなり好きな性質な方です。
その中でも、クライアントがWebに関する業界の人でない時ほど、話すのは楽しくなってきます。

もちろん、相手は「Webってなんやねん?」って感じなので、そこから必要な情報を引き出すのが大変だ、って考えも昔はありました。
ただ、最近はWebサイトを作りましょうという与件ではあるんですが、そういうタイプの人にはWebサイトがどうこうって話は極力しないようにしています。

それよりも、「実際の仕事は何?」「サービスってどういうこと?」「もてなすために何をしている?」って事をクライアントとの話の中から引き出すようにしています。

これが分かれば、それを形にするのがWebディレクションをおこなう人の仕事だとも思っているので。

自分の経歴や経験を「武器」として「使う」ということ。

クライアントといろいろな話をして、そのお客さまの強み・弱みを引き出していく訳です。
そんな中で、恐らく名村にとって大きな武器になっているのは、その「喋る」ということそのもの。

これは、名村自身が俳優・声優をやっていたからこそなのですが、相手との話の中で相手のふとした言葉使いに敏感に反応してしまいます。

その「語尾」はどういう意識から出てきたことなのか?
その言い回しは会話の中の相手をどのように思っているから出てくる言葉なのか?

そういったことがふしぶしに気になっている様です。
また逆に相手の方が名村と初見の時などには、やっぱり「壁」を感じるわけです。

そういった時に、やっぱり名村の経歴からできることかもしれませんが、「関西弁で話す」ことを意識的に行います。

普段は東京に居る限りはもちろん標準語で話をしていますよ。
ただ、関西弁は、名村が、元々関西人なので話せるのですが、年配の方とかの場合は、標準語で事実だけを話すよりも、やっぱり名村自身のパーソナルにマッチした気持ちが伝わるようです。

Webディレクションを行なっていく上で、自分の武器となりえる経験や経歴、それら全て使えるものは全て使っていかないといけませんからね!


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事