日記

JavaScriptとDOMをちょっとでも知りたい人なら必ず読むべき「WebクリエイティブのためのDOMScripting」

月刊 web creatorsや自身のサイト「Kyosuke.jp」を通じて、(X)HTMLからJavaScriptとDOMといった部分で常に先進的な活動をしている友人でもある中村享介クンが単著を出版される事になりました!!


WebクリエイティブのためのDOMScripting


Web2.0やAJAXが騒がれだして久しいですが、そういったものを一から勉強したい方にはうってつけの本です。

ただ、当然ながらHTMLの事が分かっている人が前提になっていますし、同然ながらプログラムなので、ある程度そういった素養も必要になってくるかもしれません。

某所(何処)で享介クンがアップしている本の概要を引用させていただきたいと思います。


内容は(X)HTMLとCSSを覚えた人が、次のステップとしてJavaScriptとDOMを学べる本という感じです。
いわゆるWebアプリケーションの構築ではなく、普段のWebサイト制作において使えるJavaScriptの解説をメインにして、JavaScriptの基本的な書き方から、DOMの各メソッドの意味、jQueryなどライブラリを使って楽をする方法まで説明しました。

あと、アマゾンにも内容紹介あったので掲載させていただきます。


- デザイナーこそ知っておきたい「Web標準」的JavaScriptプログラミング。-
HTML/XHTML/XMLドキュメントを、スクリプトやプログラミング言語から利用するための仕組みであるDOM(Document Object Model)。本書では「Web標準」に準拠したサイトに高度な機能を持たせる「DOM Scripting」の基礎と実践までを解説します。

前半では「DOM Scripting」とはどういったものか、Webサンプルを交えて学習し、またJavaScriptの基本的な文法等について確認し、またドキュメントをテキストとしてでなく「オブジェクト」として扱うDOMについて詳説。
後半では、JavaScriptをRubyらしく記述するための命令が拡張されている「prototype.js」とCSS風に記述することができる軽量の Ajaxフレームワーク「jQuery」を紹介し、最終章では実践的なWebサイト構築例として「ロールオーバーイメージ」「テーブルデザイン」「外部リンク」そして著者の作成する"yuga.js"をとりあげます。

DOM+JavaScriptによって、Webデザインの可能性は大きく広がります。本書によって、より使いやすく優れたWebサイトを制作するための方法を確立することができることでしょう。

彼とは実は先日出版させていただいた拙書「Webブランディングの入門教科書」と書き始めたのが同じ頃で、水面下でどっちが先に脱稿するかって事で争っていたというか・・・途中から互いにその話に触れなくなったというか・・・・(笑)

とはいえ、個人的には脳みそはどちらかというと技術者よりなので、彼の本が出るのを待望しておりました!

もし「今さらjavascriptのことは聞けないし・・・・」とか「DOMって結局なんやねん?」とか「prototype(プロトタイプ)は知ってるけどjQueryって?」といった方から、「オブジェクト指向」を「オブジェクト思考」だと思っていた方(誰)まで広くオススメいたします!


購入はこちらよりも可能です。


「WebクリエイティブのためのDOMScripting」をアマゾンで購入する。
「WebクリエイティブのためのDOMScripting」を楽天ブックで購入する。

著者のご紹介


Kyosuke.jp[ http://kyosuke.jp/ ]
inputlog [ http://blog.kyosuke.jp/ ]
Flickr [ http://www.flickr.com/photos/kyosuke/ ]
del.icio.us [ http://del.icio.us/kyosuke ]

【優雅な】Web制作者の会(mixi内コミュニティ)

著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事