セミナー

明日はアックゼロヨン

以下アックゼロヨンのサイトよりそのまま転記。
まだ席に余裕があるみたいなので、こられる人はぜひとも一緒に行きましょう〜!

---------------------------------------------------

第8回のアックゼロヨンセミナーは、株式会社インフォアクシアの植木真(うえき まこと)氏、アライドブレインズ株式会社の内田斉(うちだ ひとし)氏をお迎えします。

事前登録は締め切りましたが、会場席数に余裕があります。ご参加希望の方は、直接会場へお越しいただき、受付で登録して頂くことでご覧いただけます。この機会に是非ご参加ください。

日時
2005年6月24日(金曜日)
●13時、受付開始
●13時30分、開演

会場
日本電子専門学校・メディアセンター(9号館)
JR総武線大久保駅南口より徒歩2分。
地図はこちらから

定員
250名
事前登録制
入場無料

本日のテーマ
■WebJISから1年、日本のウェブはアクセシブルになったのか?

2004年6月に公布されたJIS-X-8341「高齢者・障害者等配慮設計指針」から1年経過しました。あれから日本のウェブサイトは本当にアクセシブルになったのでしょうか?
このセミナーではインフォアクシアの植木氏、アライドブレインズの内田氏をお迎えして、企業サイト、行政サイトのふたつを検証してみます。また、後半の質疑応答では、会場の皆様のご意見を交えたディスカッションにできればと思います。

登録方法
以下の項目をメールにコピー&ペーストして必要事項をご記入して、event@acc04.jpまで送信してください。なお、送信の際にサブジェクト(メールの表題)に「6月24日参加希望」とお書きいただけると、助かります。登録受付メールをお送りいたします。

●会社名:
●部署名:
●お名前 :
●メールアドレス:
●ご参加人数:

※事前登録にご協力ください
※登録は自動受付ではなく手動で行っているため、登録完了メールをすぐに返信することができません、あらかじめご了承ください
※聴覚障害の方への代替手段は用意できません
※車椅子でのご来場に関して、主催側では配慮できない場合があります
※セッション名、講演者に関しては変更する場合があります

イベントの運営につきまして
本イベントは、協賛及び、特別協力である日本電子専門学校、あるいは多くのボランティアによって運営されております。ゆえに2004年9月に実施した「アックゼロヨンキックオフイベント」のような障害者対策が実施できません。申し訳ございませんが、よろしくご理解ください。
なお、本イベントのレポートに関しましては、イベント終了後、本サイトにて公開する予定です。


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事