セミナー

CSS Nite:「Dreamweaver使いのディレクション術」(神森さん)

15日はCSS Niteのvol.17という事で神森さんの回にやってきました。

「Dreamweaver使いのディレクション術」という事で、神森さんがメインでアンカーテクノロジーでの事例をふまえ、ドリームウィーバーの利用方法を紹介していただきました。

詳細や写真は一応禁止になっているので、あまり書けないのが残念なのですが、概要は下の通りです。


「Dreamweaver使いのディレクション術」

プロジェクトの成功のために、クライアントワークと進行管理・品質向上のためにさまざまなタスクをこなさなければならないディレクション。限りある時間の中で、どのようにプロジェクトをゴールに導くかは、各自様々だと思います。

今回のセミナーでは、手がけたプロジェクトにおいて、Dreamweaverを知り尽つくしたからこそ実現できた、ディレクションワークとしての Dreamweaver活用方法を紹介すると共に、Web標準の準拠のひとつであるXHTML+CSSのメリットもご紹介します。

セミナーの中で印象深かったのは、「プロジェクトとして本当に困った時に知恵は出てくる」って事です。

神森さんも、Dreamweaverのエバンジェリストとしていろいろドリで出来る事の調査とかはしていらっしゃるのですが、やっぱり「必要は発明の母」とでもいいますか、作ろうと思ってDreamweaverの拡張機能を作った訳ではない、という事。

だから、確かにプレゼンの中であったものが「うわー便利そうだ!」と思ったとしても、全員が全員にとって必要がないものも当然あったと思います。(あそこで紹介されていたのは全て便利そう=利用頻度が高い、ものだと思います)

とは言え、まだ紹介をされていない内部ツールとかも植木さんは持っていそうですが(笑)


何より最後に神森さんが言った「拡張機能やテンプレート(など)を使うのを目的にしないでください」というお言葉が全てを物語っているように、そもそものプロジェクト進行やクライアントワークが上手くいっているのであれば、頼る必要はないと思いますし。

でも、ディレクションをする立場としては「困ったら・・・」のときの為の備えとして、ツールの「使い方」を知っておくのはやっぱり必要かもしれませんね!


関連リンク


アンカー・テクノロジー
T-STUDIO
『Dreamweaver 8 Web標準デザイン詳解ガイド』(神森さんがアンカー・テクノロージー名義で監修)


Webブランディングの入門教科書抽選

Webブランディングの入門教科書抽選

あっ、あと最後のプレゼント大会で、「Webブランディングの入門教科書(2007年
2月23日発売)」の抽選くじを引かせていただきました。

ありがとうございます!

著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア25年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からはWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年東京のWeb制作会社・ホームページ制作会社、株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事