セミナー

高木祐里子さんのSEO講習受講中!(四限目)

ここでは、MSNのLive Serachの進化について紹介がありました。
日本版では2007/10/2から一部ずつリリースされているらしいのですが、アメリカではすでに結構な機能がリリースされているらしいです。

内容としては、


  1. 検索能力の向上
  2. ユーザーエクスペリエンスの向上
  3. Webマスターツールの提供

を標榜しているらしいです。

「1.検索能力の向上」については、MS曰く「Googleに肩を並べ、Yahoo!にちょっと勝っています」とのこと(笑)

「2.ユーザーエクスペリエンスの向上」は、ユーザーに最適な形で検索結果を返す、というものらしいです。
レストランとかを検索したら、地図と評価がセットになって返ってくるようになるらしいですよ。それは結構うれしい機能かも!

「3.Webマスターツールの提供」は三現目までのSEO講習で紹介があった、今(2007/10/14現在)はベータ版で出ているものの正式リリースの事を指しているってことですね。

ここからは全般的なコラム的な内容が紹介されました。


  • 更新頻度と検索順位の関係性について
  • クリックの数と検索順位の関係性について

この二点についての説明がありました。
さすが怒られると思うので、答えは「なるほどね」というものでした、という事にさせてください。


SEO対策を行う上で最適なキーワードを選ぶ


実際の四現目の内容はここからかです!

サイトでの「キーワード」ってのはちょっとSEOをかじっていて、そこそこ考えるところですよね。

キーワードを選ぶ上での重要な要素としては、


  • Keyword Density
  • Keyword Prominence
  • Keyword Proximity

を重要視して考えるようにすべきですよーって事でした。
とはいえ、全部を満たしたテクニックというのは、すでに2005年頃に終わっているので、それ以外の要素も考慮すべきですよ、ってのが一番の趣旨。

その後はキーワードのトレンド、ということで、2005年の「Keyword Density」、2006年の「Link Poplarity」、そして2007年のものが「テーマ」に関係する事で紹介されていました。

これは今後の検索エンジンとして、パーソナルサーチに向かっていく流れで、「あぁ、確かにそれも必要だよね」って内容でした。

でもそれを元にキーワードを考えるのは、自分がやるならいいんだけど、クライアント等にそれを前提に自分たちでキーワードを選んでもらったり文章を作ってもらうってのはかなり難しいだろうなぁ・・・と思いました。

その意味では、やっぱり「Webライター」って職能はそろそろ生まれてくる必要が出てきているんだろうな、と思います。


続いてキーワードを選ぶツールの紹介がありました。
中でも一番おもしろかったのは、やっぱり不勉強で知らなかったのですが、「Google Trends」!

似た様なキーワードの利用率とかが調べられるので、やりだすと、結構意地になります(笑)
ただ弊社(サービシンク)とか自分のやっている事業では不動産のサイト構築(それに類するサイトやブランド構築)をメインにやっていて、かなりの量の構築をしているのですが、不動産系のキーワードでは、比較対象になるデータがないらしく、あんまり出てきませんでした(笑)


他にも面白いツールが紹介されていたのですが、皆さんこういったツールを使っているんですね・・・・。
やっぱり定期的にちゃんと追いかけておかないと、遅れておきますね・・・・(汗


ここからは「キーワードの選定の注意」について話がありました。

・キーワードの種類
・KEI
・ライバル研究
・ロングテール

などが内容として出ていました。

中でも「ライバル研究」は、SEOは「相対的な順位」なので、自社サイトも考えるけど、競合他社についてもかなり研究をしっかりしておかないとダメですよ、ってことでした。

これの為にライバルサイトの調査指標が6つと、分析の為のツールが4つほど紹介がされていました。

いくつかは知っているものでしたが、半分ぐらいは知らないツールだったので、うまく使っていきたいと思います。

有名なところとしては「SEO TOOLS」とかですが、これはこれまでも使っていたのですが、他のツールと使っていくと、もちっと詳しく調べられそうです。


という所で四現目は終わりました!


全体のリンク


高木祐里子さんのSEO講習受講中!(一限目)
高木祐里子さんのSEO講習受講中!(二限目)
高木祐里子さんのSEO講習受講中!(三限目)
高木祐里子さんのSEO講習受講中!(四限目)
高木祐里子さんのSEO講習受講中!(五限目)
高木祐里子さんのSEO講習受講中!(六限目)
高木祐里子さんのSEO講習受講中!(七限目)

著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事