セミナー

高木祐里子さんのSEO講習受講中!(五限目)

五現目には、ページのつくりの部分の説明がありました。

XHTML+CSSで構築しなくてならなくて、tableレイアウトではダメなのかの部分はちょっと思うところが違う部分もあったので、割愛(謎)


続いて、タイトルのつけ方について。
ここで初めて「OOP」って言葉を知りました。
要は検索エンジンスパムの事なのかもしれませんが、「Over-Optimization Penalty=過剰SEOペナルティ」の事らしいです。

ここではタイトルタグの中でのワード数や文字数の事での最適化が微妙なラインな点を紹介してくださいました。

関連して、meta discriptionタグの点について。


  1. ウェブページごとに異なるmeta discriptionを記述する
  2. タイトルに出てこない内容を補足する
  3. 簡潔に読みやすくする
  4. 自動生成ツールの時には注意をする
  5. ページの内容を表すクォリティの高い文章を書く

といった事のようです。


一方discriptionは比較的今は使ったり使われなかったりといった要素らしいのですが、keywordの方は、殆ど使われていないようです。


この先はHTMLの記述についての内容でした。
まぁ、headタグの使い方とか、文書構造とか、強調等のinline要素とかの記述の仕方についての解説。

まぁ、ここら辺は自分が比較的HTML側は追いかけているので「そうだよね」といった内容が殆どだったので、割愛させていただきます。


中でもアンカータグについいての事であったのが、


ページ内で、(ページの最上部に戻るためなどの)「TOPへ戻る」リンクは、アンカータグ自身が「(SEO的に)重みをつける」ので、ひとつのページに(必要だとしても)多様しすぎると、SEO的にはstrongタグを多様しているかのような判断をされる可能性がある。

という点。
これは、そうはいっても使う所もあるんだけど、頭の隅においておきたいと思います。


というところで五現目は終わりました〜


全体のリンク


高木祐里子さんのSEO講習受講中!(一限目)
高木祐里子さんのSEO講習受講中!(二限目)
高木祐里子さんのSEO講習受講中!(三限目)
高木祐里子さんのSEO講習受講中!(四限目)
高木祐里子さんのSEO講習受講中!(五限目)
高木祐里子さんのSEO講習受講中!(六限目)
高木祐里子さんのSEO講習受講中!(七限目)

著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事