セミナー

CSS Nite LP5MT4 A会場「なぜMTは『商用CMS一覧』に載せられなかったのか(過去形)/安田 英久さん)」 自分メモ

企業にとってのCMS
企業がCMSを導入する目的は「現場の人がコンテンツをどんどん更新できるように」が多い。
→MTには、コンテンツフィールドが「タイトル」「概要」「本文」しかなかった。

企業サイトのテンプレート作成とは?
ビジュアルデザインだけでなく、情報構造の設計(フィールド定義・設計)が肝要

MTはワークフロー機能が弱かった。
ルールに則って作業をした上で、責任の所在を明らかにする必要がある
→企業においては公開前に責任者が内容を承認する必要がある
→人によって役割を分担する必要があり、CMS側に機能分担機能が必要

→管理職の人は「管理画面」にログインをそもそもしない!という事を前提にCMSを考えるべき

企業向けCSMとは
コンテンツを「登録して」「管理して」「出力する」必要がある。

Web担当者現場のノウハウVol11からMTもCMSとして掲載を開始た
→MT4.1からはMTの標準の「カスタムフィールド」昨日で入力フィールドを自由に定義出来るようになった。
→ロール(役割)の設定が出来るようになった。(公開承認待ち状態のメール通知は、またMTEだけ)

日本のCCMS事情
なぜMT4.1でこんなに興奮しているのか?
→インプレス調査によると、効果が出ていると感じているサイト運営者のサイトではCMSの導入率が高い。
→一方で、Web管理の予算は、100人未満の企業ではごく限られたモノでしかない。
そうなると、MTのコストから、日本では、導入率が高くなっている!

ビジネス目的を明確にしましょう
そこがはっきりしていないと、企業サイトでは、意味がなくなりますよ。

企業向けのCMSとしては、

標準でカスタムフィールド機能が入り、MTEのワークフローメール通知と併せて企業向けCMSとして使いやすくなった。


※ここで書いているのは、あくまで名村のメモなので、CSS Niteさんで提供される(かも?)スライド資料等をご参照していただければと思います。

著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事