日記

WCAN:Pへのお誘い

一昨年、昨年と静岡のデータファーム勝又さんが主宰をしてくれている富士山の酪農牧場での一泊二日のキャンプ「WCAN:P(だぶきゃんぷ)」が今年も開催される事になりました。
実際問題として、あのキャンプを取り仕切るって、相当大変なはずで、それを勝又さんがしてくれているからこそ、今年も開催されるわけで、本当に感謝です。
(感謝をしているなら手伝えという声があちこちから聞こえてきますが・・・・)

で、今年も名村は参加させていただく事を考えています。
東京からは昨年ご一緒したメンバーが少なからず参加しそうなのです、このブログをご覧の方で、もしよかったらご一緒しませんか?!


日時 / DATE :2010/09/04 13:00 to 2010/09/05 14:00
定員 / LIMIT :45 人
会場 / PLACE :ハートランド朝霧 (静岡県富士宮市根原228)
URL / URL :http://asagiri-kantoku.net/
管理者 / ADMIN : datafarm.jp

http://atnd.org/events/6354

このブログでの去年の記録
https://web-directions.com/director/index.php?tag=WCAM:P

今年はまだ調整中との事ですが、パラグライダー体験とか、関西のおかださん(デザイナー&フォトグラファーWeb屋さんでカメラマンさん)のフォトワークショップもあるそうです。

個人的には僕はこのWCAN:Pは「何もしない事をしにいく」ので、それ以外の重機体験とかは一切しないのですが、パラグライダーだけは未経験でやってみたかったので、今年はこれはやれればいいなぁ・・と思っています。

WCAN:Pですが、基本的にはWebの制作に関わる人でやるキャンプがコンセプトになっていると思います。
日の明るいうちは色々な体験が出来たりするのですが、やっぱり意味の大きいのは、夜のBBQぐらいからの周りの人との会話だと思います。

去年までの参加では、名古屋、静岡、東京のWebの制作に関わる人が20名以上集まって、ご飯を囲んで色々話をしていたりしました。
男性陣はそれこそ2時ぐらいまで話しているメンバーも居ます。

そういった中で、自分の立ち位置とか考えとかをいろいろぶつけ合うのは、価値観の享受という意味では意義があると名村は思っています。

特に最近の若い方(誰)は、えてして、自社の中の方々との会話や、「それはなんの意味があるの?」という観点から、自分の価値規準を強く持っている方が多くなってきていると思います。
それ自体は別にいい事だとは思うのですが、とは言え、人は一人では生きていけないと思いますし、会社を含めた組織に属している以上、価値観の違う人とのコミュニケーションは必須だと思います。

そういった時に、仕事の場を離れ、年上年下、先輩後輩、男性女性を交えた中で多くの話をするのは、「明日」ではないかもしれないですが、これからの仕事人生には大いに意味がある事だと思います。

あと、「ハートランド朝霧」といえば、名物なのはオーナーでもある通称「監督」
去年お聞きした監督の歌や、想像を絶する苦労の中から朝霧という場所を作り上げた中から出てくる言葉は、人生の先輩としてもぜひ会ってもらいたいと思える人ですよ。

という事で、東京組であれば、名村がレンタカーを借りて行くつもりなので、ご一緒にいけると思います。
(10人とかになったら僕一人では無理ですけどw)

という事で、まだまだ募集中なので、ご都合着く方、ぜひ夏の終わりのイベントにいかがでしょうか〜!?


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア25年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からはWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年東京のWeb制作会社・ホームページ制作会社、株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事