セミナー

WCAN x CSS Nite 2009 SPRING

先月弊社でお付き合いをさせていただいている案件のサイトリリースがあり、それが結構大きな規模だったこともあって、完全にブログを放置しておりました。

さて、名村が出るって訳では全然ないのですが、最近めっきり勉強をしていないのと、今回CSS Niteとの合同という事もあり、来月のWCANのイベントに行こうと思っています。



WCAN x CSS Nite 2009 SPRING


セミナーの部


日時2009年04月18日(土) 13:30 - 19:30
場所名古屋国際会議場
定員160
申込人数127
費用3000円

SESSION-1 : 調整中(ブランディングについて)
古庄正尚さん(モンキーワークス)

内容については現在調整中です。もうしばらくお待ち下さい。

SESSION-2 : デザインビュー派? コードビュー派?
鷹野雅弘さん(スイッチ)

XHTML+CSSのコーディングの流れを、デザインビュー/コードビューの両方から検証しつつ、最適なワークフローを考えます。

SESSION-3 : CSS3+jQueryで行こう!
益子貴寛さん(サイバーガーデン)

ブラウザのCSS3への対応が急速に進んでいるなか、一部のセレクタやプロパティはすでに、Webサイトで積極的に使っても問題がないレベルになっています。
さらに、人気のJavaScriptライブラリ「jQuery」を利用すれば、視覚効果にとどまらない「インタラクション」を簡単に加えたり、「ユーザーインターフェイスの工夫」ができるようになります。
「CSS3」と「jQuery」という新たな武器を手に、今後求められるコーディングスキルにキャッチアップしましょう。

SESSION-4 : CSSレイアウト:IE 6対応のかんどころ
小林信次さん(まぼろし)

前回のCSS Niteで好評だったので名古屋で再演する事になりました。詳しくは CSS Nite in Ginza, Vol.31フォローアップ(3)小林さん - CSS Nite公式サイト をご覧下さい。

名古屋の役者時台の友人にも会えるのと、久しぶりに外部の方々とお話をさせていただけるチャンスかとも思っていますので、自分のモチベーション的な部分も含めて、楽しみにしています。

出演されているのは、活躍をされている方々ばかりなのですが、名村は特に楽しみにしているのは、自分が「ブランディング」についてアンテナを持っていたいと思い続けているのもあって、古庄正尚さん(モンキーワークス)のお話です。

昨年末の忘年会に呼んで頂けた時のWCANのセミナーの部で茂森さん(株式会社アクアリング)の話(「お客様の心をつかむWebサイト営業スキル」)もめちゃくちゃ面白かったのですが、やはりサービスやブランド構築を考える現場に居たいなぁ、という思いが強いようです。

もちろんまだ現場にはいますので、制作のワークフローやテクニカルな内容は個人的に押さえておきたいので、鷹野さん、益子さん、小林君の内容にもワクワクしています。
(特に小林君は、ビギナーズでの好演が印象的なので楽しみです!)

という事で、名古屋の皆様、お会い出来ましたら、よろしくお願い致します!


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア25年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からはWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事