セミナー

CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」が6月27日開催されます!

CSS Niteの有料イベントLP版で次回「CSS Nite LP, Disk 6『CMSリベンジ編』」が開催されます!


開催の背景


CSS Niteでは、2008年4-6月に「CMSとしてのMovable Typeの活用」をテーマにしたMT4LP5を開催し、700名近く(東京:400名、名古屋:115名、大阪:160名)を動員しました。

昨年末には、Movable TypeからWordPressへの移行が話題になったり、 最近ではSOY CMSが話題に上がるなど、 Movable Type以外の選択肢に視野が広がりつつあります。

そんな状況を踏まえ、WebRelease 2、a-blog cms、SOY CMS、CMS Designer、RCMSの5つの国産CMSにスポットを当て、 それぞれの可能性を検証するイベントを企画しました。
(CSS Niteのサイトより引用)

とのことで、2009年6月27日(土)13:50-19:30にベルサール西新宿で開催されます。

名村のこのブログは名古屋の制作会社「アップルップル」さんの開発したa-blogというブログシステムを利用させてもらっているのですが、LP6にも、そのアップルップルさんのa-blogの後継機版とも言うべきa-blog CMSが対象CMSとして名を連ねていらっしゃいます。

昨年の「MT4LP5」のイベントではブログの機能から発展していって世界的なディファクティブスタンダードになったMTを中心に取り上げていました。
CMSといえば、それ以外でも有名どころではInterwoven TeamSite(インターウォーブン・ジャパン株式会社)とか、国産でも大規模なのはそれこをNOREN(アシスト)があったりします。

ただ、大規模なものは逆に小回りが効かなくなり、返って使い勝手が悪かったりするものも往々にしてあったりするかと思います。
かといってMTで全てをやるには帯に短し襷に流し・・・・って感じになることもあるので、案件毎に使い分ける選択肢を持つというのは、意味が大きいかと思います。

また国産だからこそ、どうしても困った時には、日本語で開発会社に問い合わせが出来る選択肢が残っているのも選択肢とし考える意義はあるかと思います。
もちろん、弊社のように、お客様の要望が多岐にわたる場合などには、スクラッチでCMSを組んだりしますが、そうった場合にも、今の「汎用的に発売をしているCMSのインターフェースや考え方」を押さえておくのも大事と思っていたりします。

ということで、6月27日にLP6に参加される方がいらっしゃいましたら、是非とも会場でお会いいたしましょう!


個人的に


かずみちさんアップルップルの皆さん、頑張ってください!


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

不動産業界に特化したWebサイト制作・システム開発をおこなうサービシンクでプロデュース、ディレクションからテクニカル・ディレクターまでを担当。
元プロの声優であり、Webディレクターとして22年のキャリアを持つ。
(詳細は下の「詳しいプロフィール」をクリックしてみてください。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

詳しいプロフィール

大学二年生の96年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。
大学卒業の99年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでの開発、マークアップに携わる。
大学卒業と同時に俳優になるために上京し俳優修業開始。
2000年からは俳優修業の傍ら不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
俳優としては、舞台演劇、プロの声優としても活動したが最終的30歳を目前に足を洗う。

2005年に株式会社LIFULLが自社媒体に注力するためSips業から撤退する事をきっかけとして、代表の井上とシェイクハンドをして退社。

2005年から株式会社ソナーに合流し取締役なども歴任し不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作のアートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。
基軸としてはクライアントの商売に寄り添うために、徹底的に思考を巡らせるためのディレクションを行う。
Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を毎日コミュニケーションズから出版してます。

最新の記事