日記

CIRQUE DU SOLEIL(シルク・ドゥ・ソレイユ)のZED(ゼッド)!

ディズニーアンバサダー・ホテル内で見つけたポスター

ディズニーアンバサダー・ホテル内で見つけたポスター

もう半月以上前なのですが、東京ディズニーリゾート内に、日本で初の常設シアターを作ったCIRQUE DU SOLEIL(シルク・ドゥ・ソレイユ)のZED(ゼッド)を観てきました!

シルクの作品は、アレグリア2から見に行っているので、「アレグリア2」→「ドラリオン」ときて、これで演目では3作品目になります。(観劇回数は10回目ぐらいなのですがw)

これまでは代々木第一体育館の隣に作られたホールで観てきたのですが、今回は東京ディズニーリゾートまで行って、常設のシアターを見るのが最初の楽しみでした!


CIRQUE DU SOLEIL THEATER TOKYO

CIRQUE DU SOLEIL THEATER TOKYO

アンバサダー・ホテルを抜けていくと、目の前にキレイな照明を浴びたシアターが出てきました。

CIRQUE DU SOLEIL THEATER TOKYOなのですが、出来たばかりというのもありますが、荘厳な雰囲気もあり、また演目では常に天井の高さを求められるのもあってタッパもとても高いホールでした!


CIRQUE DU SOLEIL THEATER TOKYO

「ZED」の柱

「ZED」の柱

入り口付近には、「ZED」の柱も立っていて、嫌がおうにもテンションが上がってきます(笑)

東京ディズニーリゾートに作られているだけあって、ホールの雰囲気やその周りの整備度合いも半端がありません。

夜だって事もあって、思わず写真をパチパチ撮ってきたのですが、夜景にシアターがキレイに栄えます。

ここに当日撮った写真を上げています〜!

そんなこんなで中に入って演目なのですが、世界観的に名村は「ドラリオン」よりは好きな雰囲気で、「アレグリア」と双璧をなす感じで、とても満足が出来た内容でした。

役者さんの身体能力の高さは言うまでもないのですが、CIRQUE DU SOLEIL(シルク・ドゥ・ソレイユ)の演目はそれぞれの世界観がもの凄くしっかり作り込まれています。


休憩中の様子。

休憩中の様子。

それが単なるサーカスから、エンターテイメントに引き上げているゆえんだと思うのですが、今回も主人公の「ZED」の感情の流れがとても面白かったです。

それと同様に、役者さん達のそれぞれの演目も、いつ来ても「おぉぉ!!」という感嘆の科白がこぼれるばっかりになってしまう内容で、時間があっという間に経って行ってしまいます。

休憩中に飲み物を買ったのですが、カップにも「ZED」のパンフの写真が印刷されていました。
持って帰りたくなっちゃいますねw


CIRQUE DU SOLEIL(シルク・ドゥ・ソレイユ)の作品はいくつもDVDで出ているので観て損は絶対ないと思うのですが、それでもやっぱり「生の演技」を見てもらいたいと思います。

名村が役者をやっていたから余計に実感するのかもしれませんが、やっぱり生をその場で空気感と一緒に観る、というのはテレビの画面で観るのとは全く違うだけの感動があります。

新春にはCIRQUE DU SOLEIL(シルク・ドゥ・ソレイユ)のCORTEO(コルテオ)もいつもの代々木を皮切りに開催されますので、東京以外の方も、もしCIRQUE DU SOLEIL(シルク・ドゥ・ソレイユ)が近くに来たら、チケット代、安くはないですが、自分への投資と思って観に言ってみてください!


超オススメですよ!


著者・名村晋治のプロフィール

名村晋治

株式会社サービシンク

代表取締役 / テクニカルディレクター

名村晋治

1996年よりWeb制作に携わり、キャリア25年目のWebディレクター

大学在学中の1996年「Web制作集団ネイムヴィレッジ」を設立し100社を超えるサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、マークアップ、システム開発に携わる。

2000年不動産検索サイトHOME'Sを運営している株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年からはWeb制作会社に合流し取締役を歴任。同社ではフロント実装からディレクションまでを担当。

2010年株式会社サービシンクを立ち上げる。 不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

Webブランディングの入門教科書」、「変革期のウェブ」を「マイナビ出版」から出版。

2000年から「Webディレクター育成講座」を独自開催し、40時間のカリキュラムを通し「仕事を回す事ができる」Webディレクター育成手法には定評があり。
首都圏のみならず地方でも講座実施、参加者は延べ700人を超える。

詳しいプロフィール

もう一つのキャリアとしてプロとして舞台俳優、声優。 1996年から養成所に通い始め2004年に廃業するまでの間はWebディレクターと二足のわらじでの活動。

俳優としては、東京の小劇場でシェイクスピアやマリヴォーといった古典を中心に舞台に出演、またNHK海外ドラマや、洋画等、ゲームでの声優を行っていました。

俳優時代の経験を活かし、演劇の訓練メソッドを利用した「コミュニケーションスキル」向上を目指したセミナー・研修も実施しています。

最新の記事